ここから本文です

借地借家法の、地上権と賃借権の違いがよくわかりません。あと、これらを総称して...

dhj********さん

2011/1/1001:14:49

借地借家法の、地上権と賃借権の違いがよくわかりません。あと、これらを総称して借地権って言っているんですよね?どういった性格の権利が地上権か賃借権か教えてもらえればうれしいです。

閲覧数:
504
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mag********さん

2011/1/1001:20:26

地上権 は 範囲決めて登記します。
するとその土地が売られようがなんだろうが、地上権は関係なく存続します。

借地権 は 契約上 相手方との間にのみ設定する権利(債権)です。
ですから、オーナーが変われば「そんな契約の存在なぞ、知らんぞ」といわれればどうにもならなくなります。
(例外はありますがここで言っても混乱するだけだと思うので省略)


どちらも地代や賃料を払うので、見た目が似ていますが、権利の強さが全く異なります。

地上権は物権であり対世効があります。
賃借権は債権であり対世効がありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる