ここから本文です

委託販売の消費税について。店側が売上の100%の消費税を支払わなくてはいけな...

ani********さん

2011/1/1122:35:37

委託販売の消費税について。店側が売上の100%の消費税を支払わなくてはいけないのでしょうか?

お店を経営しております。

ある作家さんから洋服の委託販売を任され、販売しました。掛け率は「当店4:作家6」でした。
例えば100万円(税込みで105万円)売れた場合、当店が作家に払うのは、その内の63万円でいいのですか?
店としては、105万円で売上が立っているので、売上の100%の消費税を全額当店が納税する義務があるのでしょうか?(年間の売上は1000万以上あります)

初めての委託販売で販売契約書のような物を、予め作っておかなかったので、販売が終了してから細かい点で、どうしたらいいのか分からず、困っています。

当店は、クレジットカードでお買い物をされるお客様がほとんどなので、カード会社に支払う手数料もかなりあるし、正直4:6の掛け率では、販売利益としては儲けが少ない気がします。

作家さんには、その旨を少しお話し、掛け率を42%まで上げてもいいと言っていただきました。ちなみに委託販売の手数料なども一切作家さんからは頂いておりません。

他にこのようなご商売をされているお店は、受託販売する際、どのようにしているのでしょう?
また経理上、売上はどのように立てているのでしょうか?

どうぞ、ご回答下さい。

閲覧数:
13,728
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sir********さん

2011/1/1200:09:04

消費税に関しては、ご質問の場合でしたら2万円です。
ご質問者の収益が4割ですので、税込みで420000円の収益となります。

基本的に委託販売は、売上は委託者が計上し、受託者は委託販売の手数料が収益として計上される取引です。

従って、委託者(作家)が売上105万円(税込み)を計上して、委託手数料42万円(税込み)を当店に支払った形です。
当店からみれば、お客様から頂いた委託販売売上105万円(税込み)から当店の収益である委託販売手数料42万円を差し引いた63万円を委託者(作家)に支払う形です。

仕訳としたら
現金 105万/受託販売 105万
受託販売 42万/受取手数料 42万
受託販売 63万/現金 63万

といったところでしょうか(売上は計上せずに手数料を収益として計上します)。

委託者が個人や免税事業者であるかどうかは、受託者からみれば考慮しなくて結構です。

委託販売でなく、普通に作家さんから作品(製品)を仕入れて、販売する場合でも同様です。
売上105万円(税込み)に対して仕入63万円(税込み)の計算で結構です。

作家が免税事業者の場合は納付義務がありませんので、益税となりますが、当店が関与することではありません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sun********さん

2011/1/1200:38:11

>105万円で売上が立っているので、売上の100%の消費税を
全額当店が納税する義務があるのでしょうか?

消費税は簡易課税・原則課税での選択があり
どっちを選択しているか、荒利・経費率で違ってきますので
なんとも言いようがありません。
どちらを選択していても100%負担にはなりません。

どうしても気になるようでしたら、作家さんに支払ったときに経費で上げず
預り金にすればいいと思いますよ。
例でいいますと、100円売り上げて通帳に入金された場合

1/12 普通預金 40 / 売 上 40
1/12 普通預金 60 / 預 り 金 60

1/31 預 り 金 / 現 金 60 (作家さんに返した場合の仕分)

こうすると、貸借で預り金が消え、普通預金と売上だけが計上されます。

その為に、契約書を作家さんと締結するほうが良いと思います。
作家さんの売上を、顧客よりいったん当店で受け取り、作家さんに返納します
といった内容が入っていればいいですね。
その際、手数料も当店負担と入れておけばいいでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる