ここから本文です

エホバの証人の方へ(後半 やや批判的です。きつい言い方ですが、それは私が優しい...

fllurelさん

2011/1/1713:31:34

エホバの証人の方へ(後半 やや批判的です。きつい言い方ですが、それは私が優しい言い方のできない愚者だからです。ごめんなさい。。)

このブログを見てみて下さい。
http://barso.blog134.fc2.com/

このブログに、私が研究生の時からずっと疑問だったところ 否定的に思えたところ(主に、統治体の事と、証人から感じられる「畏れ」ではなく「恐れ」)が載っていたので…。私では言葉にできなくて きちんと伝えきることもできなかったり、頑張って伝えることができても 納得できる返答を得られなかったりしたので、ここに紹介させていただきました。

エホバの証人の教義を知る方で、このブログに書いてある検証などを読んで、異議を唱える方はいらっしゃいませんか?

辞めさせようとか馬鹿にしようとか、そんなんじゃないです。
エホバを試そうとか、そんなんでもないです。
このブログの検証だけに信頼するのではなくて、色々な話が聞きたいだけです。

*************

他所の情報(特に組織に不利なもの)を「サタンの罠に陥る」などなどいって、見ない聞かないことを薦めるなんて。
他の組織が同じように言っていたら、おかしい と思います …よね?
いくら組織が理屈をつけて「組織を『信仰』しましょう」と言っているからって、まさか おかしい とは思わないのですか?

「蛇のように用心深く、鳩のように純真でありなさい」という聖句がありますよね。
教えられたことを鳩のような純真な心で素直に受け入れるのはいいけれど、蛇のような用心深さを入信前から既に失っていませんか?

もちろん組織より神様が上ですよね。
組織出版の本と聖書、どちらをよりしっかり読んでますか?聖書と共に必ず組織の読み物を開いている(組織の読み物に沿って聖書を読んでいる)印象ばかりあるのですが、気のせいでしょうか?

あと身近な現役JWで、神様でなくて組織ばかり褒め称えようとする人がいるのですが、組織を崇拝しているようにしか見えません。同じJWの人から見たら、偶像礼拝には当てはまらないのですか?

補足早速のご回答ありがとうございます。
私が特にご意見いただきたいのは、
http://barso.blog134.fc2.com/blog-entry-14.html
(「十四万四千人」は王・祭司ではない。 「大群衆」は天に行く)
ここです。

よろしくおねがいしますmm

閲覧数:
1,412
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2011/1/1718:27:48

ブログを途中まで読みました。「愛と公正のバランスが……」みたいな部分の書類申請のたとえあたりまでです。はっきり言ってレベルが低すぎで読む価値がなさそうなので途中でやめました。もし質問者さんの言いたいことがもっと後のほうにあったら、ごめんなさい。


質問者さんの質問とそれに対するJWの回答をこれまで全部読んだわけではなのですが、読んだ範囲内での印象を率直に書きますと「言いたいことが分からなくもない」です。周りにあまり良いJWがいなかったようですね。「強烈だなー。そりゃ印象わるくなるよなー」と思います。またこのカテでの(自称?)JWの回答も「おいおい、それは違うだろ!」というのが結構あります。(私がこのカテで回答している理由の一つです)


質問に対する回答になっていないようですね。スミマセン。


*************


補足でご指摘の部分を読みました。
感想は「やっぱりレベル低すぎ」です。いちいち全部に反論するのはisa4310_mさんも書いているように面倒なので、少しだけ。

まず、peugeot206xs_wrcさんも指摘しているように、ほとんどが啓示の書(黙示録)だけですね。例外は最後に出てくるコリント第一くらいかな。それで、「啓示だけでなく聖書全体を〝文字どおり、素直に、先入観なし〞に読んでください」。そうすればあのような結論にはなりません。

個別の反論は全部書くと面倒なので、2点だけ。



まず、最初の①啓示7:1-8。「神の……」の部分。
>>「十四万四千人」の身分は王・祭司ではなく奴隷。
聖書中で「奴隷」とは「身分」だけを指す言葉ではありません。例えばみ使いはヨハネに対して自分を「あなたの兄弟たちの仲間の奴隷」と表現しています。(啓示19:10)また、ヨハネ自身、自分のことを「奴隷」と言っています。(啓示1:1)つまり「奴隷」とは、神やイエスに対して献身的に仕える人(やみ使い)を指す慣用表現です。「王・祭司」と「奴隷」はなんの矛盾もないのです。


途中省略


それから、最後の●『啓示』の聖句は象徴的・比ゆ的に読まなく……の部分。
>>同じ文節・文脈の中では、解釈は一貫性をつらぬくべき
そうは思いません。なぜ「そうするべき」なの?理由は?
ブログでは「子羊」は「象徴的・比ゆ的」と言ってますよね。啓示7:10には「神と子羊」が出てきますね。もし「子羊」が「象徴的・比ゆ的」であり、「同じ文節・文脈の中では、解釈は一貫性をつらぬくべき」とするなら、「神」も「象徴的・比ゆ的」になり、JHVHを指す言葉ではない、ということになりますね。ではこの「神」は何の「象徴・比ゆ」なのでしょう?


ということで、論理的に破綻しているところや、聖書の基礎的な知識が極端に欠落しているところが多いブログです。

質問した人からのコメント

2011/1/17 20:38:36

降参 …レベル低い って(^-^;
エホバの証人(と、その組織)が大抵 上から目線なのは、相変わらずですね。
なんだか、納得するとか しないとかの以前に
私はレベルの低い愚者のままでいいやって、改めて思いました。

とはいえ、ご丁寧な回答に感謝します。
ありがとうございました♪

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/1/1717:25:46

組織のやり方に歩調をあわせることは大切だと思いますよ。
例えばある会社が、各場所の拠点に同じ決済方法や査定基準を求めるのは、至極当然ですよね。
それと同じようなイメージです。

「組織」って聞くと、え?と思うかもしれないですが、私たちは組織の長が「イエス」であると認識しています。
社長には従うけど、副社長や専務には従わないってことが許される会社はありません。
地上の組織は間違う事もあるでしょうが、最終的に責任を取るのはイエスです。
組織を信頼すると言う事は、全ての責任を担っているイエスを信頼するってことです。

>他所の情報(特に組織に不利なもの)を「サタンの罠に陥る」などなどいって、見ない聞かないことを薦めるなんて。
>他の組織が同じように言っていたら、おかしい と思います …よね?
タバコが体に悪いと聞いて、その情報が正しいと信じている場合、本当に体に悪いかどうか試してみますか?
添付されているブログも、はっきり言って稚拙です。啓示の書しか分析して無いじゃん。啓示の書だけしか読んで無いなら、そのような解釈があってもいいと思いますが、他の聖句との矛盾が生じることは明らかです。

two10235256さん

2011/1/1715:34:41

箴言より
〘わが子よ、彼らの仲間になってはならない、あなたの足をとどめて、彼らの道に行ってはならない。
彼らの足は悪に走り、血を流すことに速いからだ。
すべて鳥の目の前で/網を張るのは、むだである。
彼らは自分の血を待ち伏せし、自分の命を伏してねらうのだ。
すべて利をむさぼる者の道はこのようなものである。これはその持ち主の命を取り去るのだ。〙

●エホバの証人の組織は、「利を貪る道」です。
自分たちの命を伏して、他の人が、「エホバの証人の組織の生贄」となることを待ち伏せしています。
極端な解釈を強要し、「適切な医療を施さずに、血を流します」

〘 心をつくして主に信頼せよ、自分の知識にたよってはならない。〙
●エホバの証人は、「心をつくして、【統治体】に信頼せよ!」です。

〘知恵を求めて得る人、悟りを得る人はさいわいである。〙
●エホバの証人は、自分で知恵を求める人を蔑みます。統治体の解釈が絶対です。
エホバの証人では、悟りを得ることは不可能です。

〘悪しき人の道は暗やみのようだ、彼らは何につまずくかを知らない。〙
●マインドコントロールされており、自分がつまずいていること、そして、他の人をつまずかせていることを知りません。



〘それゆえ、貧しさは盗びとのようにあなたに来り、乏しさは、つわもののようにあなたに来る。
12 よこしまな人、悪しき人は/偽りの言葉をもって行きめぐり、
13 目でめくばせし、足で踏み鳴らし、指で示し、
14 よこしまな心をもって悪を計り、絶えず争いをおこす。〙
●エホバの証人たちの状況を正に、表しています。



〘主の憎まれるものが六つある、否、その心に、忌みきらわれるものが七つある。
17 すなわち、高ぶる目、偽りを言う舌、罪なき人の血を流す手、
18 悪しき計りごとをめぐらす心、すみやかに悪に走る足、
19 偽りをのべる証人、また兄弟のうちに争いをおこす人がこれである。〙

★「偽りの証人」、、これは、エホバが、憎まれること。

エホバの証人は、真の宗教ではありません。

isa4310_mさん

編集あり2011/1/1715:03:18

ブログはざっと読む限りでは反論できますよ。(多分、かなり明快に。)

でも、相手はブログ全体を使って意見を述べているわけですから、その意見すべてに対する反論を述べるには同じ文字数が書けるブログが適当だと思います。
この場で述べるには明らかに文字数が足りませんし、ハッキリ言って面倒です。

*************

それって人に対する崇拝じゃないの?と疑いたくなる人はいますね。
おいおい、おめー考え方大丈夫?ってね。

わたしは、「人は自分のまいているもの,それをまた刈り取ることになる…」というガラテア6章3節の言葉に信頼を置いています。
ですから、問題のある人はいずれ試練の時に離れていくと思います。
一方、改善する人は改善します。ですから、必要な警告はしますよ。でも。自分がするべきことをしたなら、あとは、ものごとの進展を神にゆだねます。
そういうもんですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。