ここから本文です

MRI検査結果② 過去質問の続きです。 主治医からMRIの検査結果をもらい、4つ項目...

kcj********さん

2011/1/2113:35:18

MRI検査結果②
過去質問の続きです。
主治医からMRIの検査結果をもらい、4つ項目があり、主治医は1つの事しか説明が無く、過去質問もその1つの内容です。
②子宮はやや後屈、後傾78×47mm大。

体部筋層内に小筋腫T2WI低信号結節が複数。内膜の厚み最大11mm程度junctional zoneの連続性はおおむね保たれている。子宮頚部にnaboth嚢胞と思われる小嚢胞性病変認める。膣に異常なし。
③Douglasに生理的範囲の腹水貯留を認める。骨盤内に有意なリンパ節腫大を指摘出来ません。
④膀胱や撮影範囲の骨・消化管に腫瘤を認めません。仙椎S2レベルの脊柱管内に神経根嚢胞を認めます。

②③④の内容が分かる方、ご教授お願い致します。

主治医に④の件を今日電話で聞いて今回の手術で④もとるのかと聞いたら、整形外科を受診して聞いて下さいと言われ
来週もう入院なのに、私もその日は動揺して確認が出来なかったのですが、主治医も結果を渡したからって口頭で説明がなくて
イライラします。手術すると言われて不安でいっぱいなのに。

閲覧数:
2,716
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

imp********さん

編集あり2011/1/2314:56:11

②、③は他の回答者の回答を参考にしてください。
④について
神経根嚢胞のほか、馬尾のう胞、仙骨嚢腫などと呼ばれるもので、
たまたま見つかったのであり、症状が無い限り放置して大丈夫なものです。
画像診断医は見つけたら書かなくてはならないので所見に書いたのだと思います。

一生そのままですが、仙骨部の神経根のう胞はしょっちゅう見かけるありふれたものです。心配されないでください。
再度書きますが、通常、何もする必要はありません。(非常に稀に、お尻がしびれたりすることがあります)
この病気?は画像診断医、整形外科医にとっては当たり前のものですが、その他の診療科の先生にはあまり知られていない印象があります。
それが主治医の先生の態度となったのでしょう。わからないので口頭で説明できなかったのです。

メインの病気に対しては適切な対応がなされていると思います。
安心してください。

質問した人からのコメント

2011/1/25 10:58:05

降参 ご回答ありがとうございます。

いつもは診断結果を下さらないのですが、今回は家族が一緒だからか主治医から渡されました。

脊柱の腫瘍は気にしなくていいんですね。
転移してるのか心配になりました。

もう怖くて冷静でいれませんが、読んでいて4の件に関しては、少し気持ちが落ち着きました。ありがとうございました。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/1/2221:19:39

腫瘍内科医です。

②「小さい子宮筋腫が複数ある」「子宮内膜は異常なし」
「子宮頚部に小嚢胞(液体のたまった袋)あり」
→ いずれも経過観察可能な所見であり、術式変更の必
要はないと思います。
③文章のままです。「生理的範囲=悪性の可能性低い」
と読んで良いと思います。
→手術に腹水細胞診が含まれているので、術式には影響
しません。
④文章のままです。「脊柱管内」とありますので、下腹部
開腹ではアプローチできず、腹臥位で背中(臀部)からアプ
ローチするしかありません。
→ 同時手術はありえません。

卵巣腫瘍の手術説明の際にそれ以外の話ががなかったの
なら術式を変更・追加する事はないと考えてください。
上述のごとく術式を変更・追加する必要はないと思います。

基本的に医師は診療を進めるのに必要な説明は口頭で全てして
います。不安からこの種の文書をお求めになる気持ちは理解でき
ますが、医学の専門教育を受けた方でなければ不安が解消され
る事はなく、逆に不安がますばかりでしょう。
最近は検査結果を何でもお求めになる患者さんが増えていますが
医療側としては余計な事がいっぱい書いてあって、却って患者さん
の不安を煽っているように思えてなりません。
この回答を読んで主さんの不安が解消された(=読むまで不安だっ
た)という事なら、読影レポートを患者さんに渡す事は不安しかもた
らさない、という証拠ではないかと思います。

先の質問を見る限り、卵巣腫瘍およびその治療法については適切な
説明がされている様ですね。であれば医師の説明態度(必要な説明
をおこなっているか)は妥当なものと思います。
医療側は「治療内容に影響しないから説明の必要がない」と考えて
説明していないわけで、たくさんの患者さんを診ている中、重箱の
隅と思われるような詳細の説明を求められても対応し切れない、と
いうのが正直な感想です。

主治医が自発的にレポートを渡したのか、主さんがお求めになったのか
分かりませんが、このような質問が来る現状を見ると、「レポートを渡す
なら、問題となっている診療内容と関係ない部分についても詳細な説
明を求められる」という覚悟が医師には必要ですね。
逆に多くの医師は詳細な説明をできるだけの時間的余裕はありません
から、不安を煽る実情を考えればむやみにレポートを渡すべきではない
でしょう。
患者さん方にも、自分で解釈する素養がないなら自分からお求めになら
ない方が不安になりませんよ、とアドヴァイスしたいところです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる