ここから本文です

共犯者の自白について。 A(本人)は犯行を否認、B(共犯者)は犯行を自白、C(共...

aaa********さん

2011/1/2312:38:29

共犯者の自白について。
A(本人)は犯行を否認、B(共犯者)は犯行を自白、C(共犯者)も犯行を自白、このようなときAを有罪とするためにB,Cの自白が互いに補強しあって使えるのですか。
結果憲38、3項には反せず

A有罪となると解せられるとの判決は納得できるのですがBとCの自白が補強しあうとはどのように説明できますか。
よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
741
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ott********さん

2011/1/2314:01:51

自白法則や伝聞法則については省略させていただきます。

お尋ねの問題は証拠の証明力の問題と思います。

補強証拠とは、証拠の証明力を高めるための証拠です。

ご質問の場合、BとCの供述によってAの犯行を立証するのですから、B供述C供述に証明力がなければなりません。

また、Aの犯行の重要部分につき、B供述C供述が食い違っている場合、どちらが信用できるのか判断がつかなければ、いずれも証明力は弱まります。

逆に、B供述C供述が同じものであった場合、いずれの供述も信用でき、B供述はC供述の補強、C供述はB供述の補強とすることができ、お互いの証明力も強まります。

証明力とは、証拠能力が認められた証拠の強さレベルみたいなものです。

例えば、犯行目撃者の供述に証拠能力が認められても、その視力が極度に弱いという証拠に証拠能力が認められれば、犯行目撃者の供述の証明力は皆無に近くなります。

逆に、その犯行目撃者は、視力は極度に弱いが、犯行目撃時に眼鏡をかけており、一般的な視力があったという証拠に証拠能力が認められれば、その証明力を補強できるのです。

質問した人からのコメント

2011/1/23 15:10:52

降参 ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oce********さん

2011/1/2312:42:20

補強しあうとは、文字通り補強しあうんですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる