ステンレスの穴あけ

ステンレスの穴あけ 今日初めてステンレスの穴あけに挑戦しましたが まったく開く気配がなく困っています。 ステンレスの厚みは1mmもない薄いものです。 電動ドライバーを所有しているので、鉄工用の7ミリのドリル歯(1800円)を買ってきましたが、うっすらかすり傷がつく程度です。下穴をあける必要があるのかと思い、2ミリのドリルでもやってみましたがまったくダメでした。 下穴専用のドリル歯のようなものを買ってこないとダメなんでしょうか? 当方電動ドライバーの扱い自体に不慣れなDIY初心者の女性です。 こんな私でも穴あけ可能でしょうか。 よろしくお願いします。

補足

やっぱりステンレス用じゃないとダメでしょうか。 木材やアクリルには定期的に穴をあけるし、 今回はかなり薄いステンレスだからと思って 多用できる鉄工用の刃を買ってしまいました。 ステンレスへの穴あけは今回1回限りなので また刃を買うのに1800円出すのはかなり躊躇してしまうんですが ステンレス用の刃を買うしか方法はないでしょうか...(涙)

100円ショップ68,994閲覧

5人が共感しています

ベストアンサー

6

1mm厚くらいのステンレス板に穴を開けるのなら、100均のダイソーで売っている チタンコーティングのドリル刃で十分穴は開くと思います。 私はナイフ用の3mm厚とか6mm厚とかのステンレス板でも、小さい穴(2mmくらい)なら 普通の鉄鋼用のドリル刃を使って穴を開けます。 また、普通にホームセンターで売っている1mm厚のステンレス板にも穴を開けたことがありますが、 100均の物でも、普通の鉄鋼用のでも問題なく開けられました。 もしかしたら、板に対して垂直に押し付けられなくて、滑ってしまうようになっているのでしょうか。 それでしたら、穴を開けたい場所にセンターポンチを打って、 ずれないようにしてから2mm程度の下穴を開ければどうでしょうか? 下穴用は100均の物でも十分なはずですが。 後は、板をちゃんと固定して、体重をかけるようにして、 ちょっと力強く押すようにした方が良いかもしれません。 ただし、その時は下に厚めの木材を敷いて、ドリルが貫通した時に大丈夫なようにした方が良いですし、 貫通する直前は力を抜くようにしないと危険です。 尚、近くに工作室があるようなホームセンターがあれば、卓上ボールバンを使わせてもらうと、 驚くほど簡単に穴を開けられると思います。 貸し出し工具があるところでしたら、借りてくるのも良いかもしれません。

6人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんのご指摘どおりドリルの使い方が間違っていました (力をいれてはダメなのかと思ってました) 下穴はキリをトンカチで叩いたら簡単に開いたんですが そこから先がかなり大変で7ミリの穴が開くまで1時間もかかってしまいました。 ステンレスって想像以上に固いんですね... 残り4カ所あるので次はもっと短時間で貫通できるようにがんばりたいと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:2011/1/26 5:51

その他の回答(7件)

4

多分ステンレス用を使用しても穴は空かないと思われます。鉄やステンレスは木材、アクリル、アルミの様に軽く押し当てただけでは穴は空きません。ズッシリとドリル歯が折れない程度に体重をかけて再チャレンジして下さい。その際気を付けなければいけない事は、穴が貫通する直前、対象物がドリル歯に噛み、ドリルと一緒に回転してしまうのでとても危険です、しっかりと固定して作業して下さい。 金属に穴を空ける時は、オイルをかけながら作業する必要が有るのですが、専用の物が無ければ、エンジンオイルでも潤滑スプレーでも無いよりはマシなので、かけながら作業する事を勧めます。

4人がナイス!しています

1

それって、タダ単に穴を開けたい部分に、先に釘かポンチを使って凹みを付けてから穴を開ければ空くと思います。

1人がナイス!しています

1

鉄用で平気ですよ。とりあえず3ミリ程度の穴あけましょう。ドリルのスピードは、ゆっくり、しっかり押し付けながらやればあきますよ。何個かあけるなら、キリの先っちょ水で冷やすだけでも変わります。 一職人

1人がナイス!しています

14

たぶんそのキリは、焼けて鈍ってしまい使い物にならないと思われます。作用中キリ先をみましたか?真っ赤になったらそのキリはもう使えません。ベテランみなさんの良回答がでていますが、素人さんを納得させるには同じ素人の感覚が理解し易いと思い回答させていただきます。まず、最初に何十もステン板を開口するのであればステンレス用のキリを使用するべきです。今回のような薄い7mm程度の開口作業であれば普通の鉄キリで充分可能な筈であります。それではなぜ?穴が開かなかったのか、刃をダメにしたのか考えて行きましょう。まず、金属用のドリルキリの種類ですが実は刃の硬さなどに大差は無いです。特徴として耐えられる熱の限界が違うのだという認識でかまいません。なので冷却して過熱させなければ普通の鉄キリで充分といえます。また、穴が開かなかった理由としては、質問者さまの力不足です。たぶん普段の木材やアクリルのように柔らかく粘りのある材質の感覚でドリルを使えば刃先はどんどん切り進んでいきますが、鉄、とくにステンレスは強く押し付けないと切る事ができません。どんな材質でもドリリングすれば切り粉がチリチリと出てきますよね?実はその切粉は金属の加工では“放熱”という実に大切な役割を果たしています。ステンレスに限らずドリル作業の際に“切り粉”が内部の加工熱を排出しています。いわば切り粉が上手く排出されるような切削がよい作業といえます。(以降作業のコツ)①まず、ドリルの回転を遅くする事、回転速度機能が付いていない機種ではスイッチを断続的に入り切りすることで高速回転にならないよう注意します②怪我をしないよう充分に注意して、ドリルを強く押し付けるようにしてください。コレまでとは違い、刃先先端からステンレスの切りくずが出てくるはずです。通常、この程度の薄い板を開ける時にオイルは使いませんが、今後・・厚い材の加工や数が多いときはスプレー式の潤滑剤を吹き付けるなどして刃先を冷却するとより早く作業できますし、ドリル刃先を傷めません。そして、穴が開き始めたら力を抜き、貫通直前にはドリルを廻すだけで勝手に進んでいきます※最後になりますが加工する材の下に木材の板や角材を枕にしてください。ステンレス板を貫通した後、キリ先が地面コンクリートに強く当たると刃を傷めてしまいます。ドリルキリはハイス鋼の安いもので十分ですよ。。話が長くなりましたが、今後の金属加工の役に立つでしょう。マメ知識として覚えておいてください

14人がナイス!しています

4

ステンレス用の下穴用なら100均にもありますよ、下穴が貫通すれば鉄用でも大きく開けることは出来るでしょう。

4人がナイス!しています