ここから本文です

田んぼを畑に変えて農作を考えています。稲作より採算がとれる農産物はありますか?

min********さん

2011/1/2718:31:34

田んぼを畑に変えて農作を考えています。稲作より採算がとれる農産物はありますか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,659
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pro********さん

2011/2/200:15:50

こんばんは、

地域や土地の按配が解らないのですが、
単純に高く売れるものが、採算性が良いですし、
収穫時期やハウス栽培を利用して出荷調整できる事も、
採算性をアップさせます。

メロン、苺、トマト、地域でブランド(其れなりの知名度がある物)、キウイ、
色々な物が有ると思いますよ。

質問した人からのコメント

2011/2/2 21:21:42

感謝 皆さんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sra********さん

2011/1/3102:52:20

税金の塊 こんにゃくが良いんじゃないかな?

kak********さん

2011/1/2816:13:21

田んぼの土質・気候・風土・面積・立地条件・周辺の販売ルート…などでかなりかわってきます。
とりあえず一例をご紹介しますが必ずしも当てはまるとは限りませんので宜しくお願いします。

とりあえず田んぼを土壌改良してそのまま使いたい
・大豆(特に黒大豆、緑大豆、地元の固有種大豆(地大豆)など。直売所等で販売が前提)
・里芋
・落花生
・アスパラガス(雨よけ栽培前提)
・スイートコーン(他品目との二毛作以上の栽培が前提)
・ブルーベリー、ラズベリーなどの低木果樹(数年の投資期間が必須)

簡易なビニールハウスを建てて栽培
・ミニトマトやトマト(春~初秋まで。がんばれば促成栽培)
・葉物野菜(ほうれんそう・小松菜・春菊・リーフレタスなど)
・スイートコーン(減農薬栽培可能、規模によっては播種時期をずらして長期出荷推奨)

丈夫なビニールハウスを建てて栽培、暖房機等も併設する場合
・いちご
・ミニトマトやトマト、ナス、ピーマン(冬期出荷、初春を見込んでの加温栽培)

思いつく限り挙げてみました。
実際の営農規模がわからないのでなんともいえない面もありますが、お近くの農業改良普及所の改良普及員さんに相談されてみてはいかがでしょうか?
JAの営農指導員より常に新しい情報を取り入れてますので参考になる意見も聞けるかと思いますよ。

ava********さん

2011/1/2804:40:06

私は素人ですが、子供の頃、友人の家が野菜栽培から花栽培にし、成功したのを覚えています。花は野菜より高く売れるとおもいますが、温室での花栽培はどうですか?

椎茸栽培をしていた友人宅もありました 60cm ぐらいに切った木の技に菌を植え庭で放置していました。


しいたけ栽培方法を紹介します。
http://www.kinokos.net/cgi-bin/shiitake/siteup.cgi?category=4&page=...

1 植菌
ナラやクヌギの原木にしいたけの菌を植え付けます。ドリルで穴を開けた後、1本当たり平均で40個ほどを手作業で植えていきます。大変根気のいる作業です。
穴をあけるとすぐに菌を植えつけていきますが、しいたけの菌にはたくさんの種類があり、当店では5種類ほどを使用しています。植える時期は1月から3月ごろになり、菌を植えたものをほだ木と呼びます。

2 仮伏せ
菌を植え付けたものは積み上げて菌が蔓延するまで寝かせておきます。これを仮伏せといいます。
寒い時期ですので早く菌が蔓延するようにビニールなどをかぶせ、中の温度を少し暖かくなるようにしてやることもあります。

3 本伏せ
梅雨前くらいになりほだ木の木口に菌糸がでてきたら、順調にしいたけの菌が蔓延している証拠です。
この時期にほだ木を並べ替えて、しいたけが採れる状態にしておくことを本伏せといいます。
やり方は人それぞれですが、当店では風通しがよく、雨にもぬれやすいように井桁状に組みます。
これは梅雨ごろから秋まで、おそければ来年の春までこの状態で置いておきます。
そして夏場などは雨が少なければ散水したりして水分管理も必要です。

4 浸水
菌糸が十分に蔓延してきたら、ほだ木を水槽に6時間から一晩漬けて水を吸わせ 刺激を与えます。
浸水する時期は菌の種類によって異なりますが、植えてから早いもので半年、遅いもので1年かかります。

5 発生
浸水したものは収穫できるようにハウス内に並べてやります。
夏場では浸水から3日後くらいに芽が出て、約1週間で収穫できます。
冬場はハウス内を暖房してやるのですがそれでも夏場の3倍くらい時間を要します。

6 休養
収穫が終わったものは休養ハウスやほだ場(ほだ木を置いておく場所)に移します。
春から秋にかけては一度使ったものをまた1ヶ月おきに使用していきます。
また休養中は散水して水分管理をしてやりますが、温度と水分が条件を満たさないとなかなか次の発生がうまくいきません。
こうして何回も使用していくうちに、ほだ木は養分が減ってきて、しいたけもあまりでにくくなってきます。
そうなったら冬場の暖房用に乾燥させて、燃料として使います。

rai********さん

2011/1/2722:24:36

地域にもよりますがその地域の特産品になりそうなものを作るのがいいでしょう
アスパラガス・みょうが・などは手間がかかりますが収益率は良いようです。
また地域によっては指定品目に対して補助金が出ている場合もあるので役場等のHPを見てみるのもよいと思いますよ。

don********さん

2011/1/2720:20:17

土の状態や気候 日当たり 地域 などにより、
作りやすい作物や育たない作物

地域で人気がある、設備投資の金額や
肥料や農薬代が作物によりかかる金額も違うと思います。

それから、販売先や売り方だけで、2倍以上利益は変わると思います。

人を雇うのか?
自分だけで出来るのかでも違うと思います。

大雑把に考えてもお米より面積当たり 数倍の売り上げ金額になりそうです。

手間とかがあまりかかると、広い面積をももてあますことになり、
お米栽培を効率よく販売も高く売れた方が儲かる人もいると思います。

ほとんど全ての農家さんは、何ができるか?
儲かるか?

と考えて、自分にあった作物を選んで栽培して
突っ込んだ費用に対して儲けた金額が大きくなる作物なら採算が合います。

キロ当たり安くても多く取れても良いし、少なくても高く売れれば良いので、
長くなりましたが、土地に合った自分に合う作物を発見することだと思います。

何回か試しに栽培して、利益が大きい作物を決めたり
回転率を上げて、多く栽培するなど、無限に近いほど工夫が出来ると思います。


田んぼ1枚違っても土質や保水など違うこともありますよ。


生産と販売の両輪が上手く回れば採算が取れると思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる