ここから本文です

電子レンジなどで細胞を無理矢理動かして温めた食べ物は、細胞が壊れているのでダ...

han********さん

2011/1/3016:02:16

電子レンジなどで細胞を無理矢理動かして温めた食べ物は、細胞が壊れているのでダイエットや健康に向かないと聞きます。

熱に強いビタミンCも勿論壊れてしまうんですか?
(熱に強い、は関係ないですかね)

電子レンジでも細胞を壊さない方法なんてありますか?

補足「ダイエットしてるなら電子レンジは成るべく使わない方が良い」というのは、テレビで調理家さんだか栄養士さんだかが言ってたり女性雑誌で読んだりしたのですが、回答を見るとそれは間違っているようですね。
皆さん一様にレンジの有効性を仰っていて反論が無いのは、これが正しいからですよね。ありがとうございます!

いずれも魅力的な回答ばかりなのでBAは暫く悩まさせて下さいm(__)m

閲覧数:
6,300
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ded********さん

2011/1/3016:40:54

細胞、特に植物細胞は壊した方が良いではありませんか?
生野菜はせっかく食べてもその栄養成分はほとんど吸収できません。
なぜなら、生野菜は植物細胞で構成されていて、一個一個の植物細胞は人間の消化液では消化できないセルロースを主体にした細胞壁で覆われているからです。
温野菜が生野菜より望ましいといわれるのは、加熱調理によってこの不消化の細胞壁が破壊され、細胞内部の栄養成分が細胞外に出てきているため、人体に非常に吸収されやすくなっているからです。
生野菜は温野菜にするか、ミキサーなどで細胞を粉砕しない限りはほとんど栄養成分が残ったまま排便となって捨てられてしまうのです。
先日、静岡県掛川市の住民の健康度が際立って高い理由が、まさに日常茶飯事の緑茶をたくさん飲む習慣にあることが分析結果として紹介されていましたが、緑茶の中でも特に深蒸し茶が、蒸す過程でお茶の細胞壁が壊されているために細胞内の栄養成分が大量に溶け出していて極めて健康効果が高いことが示されていました。
加熱し過ぎは確かに栄養成分を減らしてしまう可能性がありますが、電子レンジで野菜をしならせるたり下ごしらえしたりする程度の加熱なら、大変有益で、デメリットはわずかでしょう。
水分子を直接電磁波で共振させて食品を内部から自己発熱させる電子レンジは、短時間で効率よく食品を加熱できるので、栄養成分の破壊も少なく、まさに理想的な調理用加熱器具だと言えるでしょう。

質問した人からのコメント

2011/2/6 12:01:12

スッゴク悩みましたがdedondeesusted10さんをBAに選びます!!
他の意見もホントに貴重でアレもコレも…で大変でした!!
ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qrm********さん

編集あり2011/1/3020:25:58

加熱と云う事は熱エネルギーを貰い分子が激しく運動する事です!物質(分子)は絶対零度で無い限り絶えず振動して電磁波(赤外線=熱)を出しています。温度が高い程激しく振動します。固体、液体、気体、温度が高いと体積が増えるのはその為です。ガス火は燃焼エネルギー(赤外線)で鍋の分子を激しく振動させて赤外線を放出その赤外線で全ての食材(勿論水も)を振動させて加熱(熱対流)します。電子レンジは2.45GHzの電磁波(電波)が水分子と共振(激しく振動)するのを利用しています。激しく振動(動く)する事で赤外線放出(摩擦熱)します。その熱(赤外線)が食材を激しく振動させて加熱(熱対流)します。ガスと電子レンジの違いは始めから熱(赤外線)で全てを加熱するか、電波で水分子のみ加熱するかの違いです。細胞壁の破壊は加熱時間によりますのであまり関係ありません。熱に弱いビタミン類は効率の良い電子レンジの方が壊しませんしラップ等の蒸料理の場合非常に有効です。したがってガスレンジと比べ電子レンジの方が栄養素を逃がし難く壊し難いです。

cec********さん

2011/1/3016:22:03

壊れません。あるある大辞典の調査でビタミンCは普通加熱では60%しか残らなかったが電子レンジは80%残ったという結果があります。さえらに他栄養素も、電子レンジの電磁波による細胞の破壊は起こりませんでした。

jyu********さん

編集あり2011/1/3017:00:42

電子レンジは細胞に作用すのではなく、もっと小さい水の分子を直接作用します。
水は極性分子なので、プラス・マイナスの極を持っていて、これが電波によって分子が振動し、摩擦熱を発生し、食品の内部か発熱するのです。
これを「誘電加熱」と言います。
電子レンジに使用される電波(2450MHz)は、マグネトロンという発振器で発生され、水の分子を1秒間に24億5千万回も振動させます。
これにより、陶器やガラス等の極性分子を持たない物質は、直接的には加熱されず、内容物が加熱されて起こる熱伝導によって熱くなります。

細胞膜の破壊は、切ったり茹でたりする事によっても引き起こされます。
加熱すれば、細胞内の水は高温になるので、必然的に破壊されます。

ですので、電子レンジだけが細胞を壊しているのではないと思います。

追記です。
すみません。栄養素の損失について書くのを忘れてしまいました。
水溶性のビタミン等は、洗ったり茹でたりする事で損失がありますが、電子レンジで加熱すると、水溶性ビタミンは流出しなくてすみます。
水を使わずに短時間で調理できる電子レンジは、利便性の高い調理器具だと思います。
じゃがいものビタミンCは熱に強いので、煮たり焼いたりしても壊れにくいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる