自転車のグリップシフトとトリガーシフトでは優劣がありますか?

自転車のグリップシフトとトリガーシフトでは優劣がありますか?

自転車、サイクリング23,129閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

4

グリップシフトとトリガーシフトでは、インデックスの正確さが異なります。 グリップシフトの方がややルーズで、同じポイントにシフトしたつもりでもグリップの捻り具合によってワイヤーの引き量が微妙に変わってしまいます。 これを優劣ととるかは目的や好みによるところではありますが、変速機の調整が完璧ならトリガーシフトの方が早く正確にシフトチェンジできる事になります。 逆にグリップシフトはその曖昧さから、若干変速機の調整が狂っていてもグリップの捻り具合を任意に調整することで、どうにかシフトチェンジが出来てしまったりします。 まあ、普通に速く走ることを目的とするなら、トリガーシフトの方が優れています。

4人がナイス!しています

その他の回答(8件)

1

グリップシフトはあまりレーシーな変則に適していません。 悪く言うと、街乗り用です。 前、後ろにひねるという動作が頻発・連続すると手首が疲れます。 長時間の走行にも向きません。 また、グリップ分だけハンドルで取り付け部の場所をとります。 上位モデルほどトリガーシフトなはず。

1人がナイス!しています

0

付けようと思えば優劣つきますが、むかしSRAMのグリップシフトを使っていた私からすると良い点は、 ・構造がトリガー式と比べて単純なのでメンテナンスが楽。 ・じつは、左右を逆に付けることで、コーナーの減速で片方のブレーキをかけながらでも変速可能。 ・上級グレードだけだけど、前変速のトリム調整ができるのでフロントディレイラーの羽がチェーンに当たっていても調整できる。 ・分かりやすいので、自転車に興味がない方でも変速操作ができる。 でしょうか?

2

みなさんの回答に付け加えて私の個人的な意見をひとつ。 DHやスラなどの本気下りにはブレーキレバーに指をかけながらシフトチェンジすることが 多々あるので、そんなときには私はグリップはありえないです。(グリップが悪いとは思いません) 同じ理由で人差し指で引くトリガーもありえないです。 一番ラクなのはスラムなどの親指押しだけで操作できるのがベストだと思います。 もちろんこれはブレーキレバーから指をはなしたくない下りのみを考慮した場合です。

2人がナイス!しています

6

既に大部分が述べられていますが、 蛇足で付け足すのであれば… たとえば、山の中で多少ぬかるンだところを走った後、 チェーンやギアが泥団子になることがあります。 そんな時、トリガーシフトよりグリップシフトの方が 目的のギアに入れやすいです。 =入らなかったらすこし捻り量を増してやると言うことが出来ます。 トリガーでもある程度は引けるのですが、 あまり多く在りませんし、何よりシフターが参ってしまいます。 また転倒した時に、RD位置が狂うこともあります。 そんな時でも、グリップシフトだとある程度変速できますが トリガーはどうにもなりません。 常にメンテナンスを完璧に行いながら走るレースなどであれば トリガーの正確性が優れています。 ワンアクションで確実に変速できます。 ただし山の中で一人で?あるいは十分なメンテナンスなどしながら走るわけではない時に グリップシフトは威力を発揮します。 ですから、本格的にレジャーとして山を日常的に楽しむアメリカの使い方から グリップシフトが消えることはないです。 ハンドルのグリップ感?シフトの操作性? これは優劣ではなく個性でしょうね。

6人がナイス!しています

2

グリップシフトでもSRAM独自コンポX.0/X.9/X.7/X.5では、 9s仕様のグリップシフトがあり重量面でもトリガーシフトと遜色ないはず。 (同一グレードで比較するとカタログ上グリップシフトの方が軽量) ホールド感が明らかに落ちるのは一気に何段もシフト操作した場合でしょう。 10s用が設定されていないのは単なる変速性能というより、 直接ケーブルを操作する機構原理が抱える限界かも知れません。 でなきゃX.0等の9s仕様を今でも作っている意味がない。 不安を感じるのはMRX COMP Twisterやシマノ・レボシフトなど、 シマノの廉価版グレード対応製品に使われている場合ですが、 この辺はコンポーネント全体の質や組立・整備状態にも左右されるところ。 X.0の9s仕様とシマノTurney+レボシフトをごっちゃにしちゃ、 不公平もいいところですよ。

2人がナイス!しています