ここから本文です

成田山不動尊に厄除けに行ったのですが、拝んでもらっている途中で、お坊さんにか...

tan********さん

2011/2/520:01:21

成田山不動尊に厄除けに行ったのですが、拝んでもらっている途中で、お坊さんにかばんを渡して火にかざしてもらってたのですが、どういう言われが有るのですか?

閲覧数:
8,823
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kei********さん

2011/2/520:18:00

護摩修行御疲れ様でした。心願成就を叶えるためです。もし、財を成したければ、カバンや財布を護摩で焙っていただくと御利益が得られるって事なのでしょう。ただし、楽をしてはなりません。当日の御護摩修行の時の、成田山の御札に、毎朝毎夕唱え、
自分や家族も、心願に合わせて努力を積み重ねて行くことです。

私の母の実家では、隣の市ってこともあり、先祖代々、毎月1日に参拝を130年間続けています。
1980年に、境内の裏に寄附をして、100周年の記念に石に家族の名前を刻んでおります。

あなたが、どのような神仏を拝んでも、宗教は自由です。 ただ気持ちを一つにして、心願は成就することでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

k75********さん

2011/2/520:07:49

車の御祓いをするのと同じで、持ってる物も払ってくれたのでしょうね。
せっかく厄払いをしてるから、持ち物に付いてる邪気を払って
気持ちよく帰れるためだと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる