ここから本文です

NBAのドラフトで近年徹底されているハンドチェックルールとはなんですか?

dra********さん

2011/2/1607:36:07

NBAのドラフトで近年徹底されているハンドチェックルールとはなんですか?

閲覧数:
9,704
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yok********さん

2011/2/1723:13:30

日本のルールではイリーガル・ユース・オブ・ハンズの規定は以下のようになっています。

・プレイヤーが相手チームのプレイヤーに手や腕で触れる事があっても
かならずしもファウルではない。
・手や腕で相手チームのプレイヤーに触れること(相手をたたくことも含む)や
触れていることが相手の自由な動きを妨げたときは、
イリーガル・ユース・オブ・ハンズのファウルである。
・相手チームのプレイヤーがボールを持っていなくても、
防御側プレイヤーが手や伸ばした腕で相手チームのプレイヤーに触れつづけることは、
イリーガル・ユース・オブ・ハンズのファウルである。

それがオフェンスのフロントコートのフリースローラインよりバックコートでは手で相手に一切触ってはいけないというルールだと思います。そうしますと、相手のドリブルやカットインのコースチェックのときにデフェンスが腕をひじから曲げて懐に入らせないようハンドチェックをすることがありますが、それができなくなりリバースターンなどに対応しにくくなることが考えられオフェンスが有利になります。オフェンス有利にすることがNBAの目的だと考えられます。実際、ノーチャージングエリアの導入もあったためチーム得点数も上がり、フリースローも多くなっています。

質問した人からのコメント

2011/2/18 17:40:16

降参 わかりやすい説明ありがとうございます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる