ここから本文です

朝食・昼食・夕食の各々の意義につて

mishnさん

2011/2/1823:12:15

朝食・昼食・夕食の各々の意義につて

その人の日々の活動や体力の回復に向けての、各々の時間帯に朝食・昼食・夕食を取ることの各々の意義・目当ての相違を御教示下さい。

閲覧数:
666
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2011/2/1900:39:02

体は生きている以上エネルギーを消費しています。それは睡眠中であってもです。
そのエネルギーの元は食事から摂る各種の栄養素です。
昼間の体は運動状態にあり、より多くのエネルギーを消費しますので、そのために必要な栄養素の補給は頻繁に行う必要があるわけで、その時期というのが、朝、昼、夕の時間帯という事です。何しろ、栄養素の取り溜めというのが出来ない仕組みになっていますので、、、。
車と同じ、走れば燃料補給をしなければなりませんが、車の場合は動かさなければ燃料が減らないので毎日ガソリンを入れる必要もないのですが、体の場合は、寝ていても起きていても何らかのエネルギーの消費があります。毎回の食事の量に違いはあっても、まったく食べないでは体がエンストしてしまいますしね。つまり、そういうことなのです。

質問した人からのコメント

2011/2/26 01:45:09

回答、ありがとうございます。 参考になりました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる