ここから本文です

賞金コイン500枚!! 子供の頃の話ですが、友人からあるファミコンソフトを...

kir********さん

2011/2/1915:21:28

賞金コイン500枚!!

子供の頃の話ですが、友人からあるファミコンソフトを譲ってもらう約束をしました。
お金を先に渡してくれれば、物は後で渡すとの約束だったのですが・・・。

いざ、お金を渡すと「そのソフトは知人に貸している。その貸している知人から直接返してもらってくれ。」とのことでした。

聞くところによると、そのファミコンソフトを借りている知人というのは借りた物を返さないことで有名で、取り引きのソフトも友人が相当前にその知人に貸して、何度も催促しても返してくれない物だとのこと。
不良債権みたいなものですね・・・。
そういう事情はお金を渡すまで全く知りませんでした。

私が友人にそのソフトの所有権をお金と引き換えに口頭で譲ってもらった後、その知人に何度催促してもナシのつぶてで結局ソフトは手に入りませんでした・・・・・。
友人は「お金をもらった後も、俺は催促してたから。」と言って代金も返してくれませんでした。
本当に催促したかどうかは、裏が取れませんが・・・・・。

こういうケースって大人同士の場合だと詐欺罪になりますか?

また民事的にはどうなりますか?
債務不履行ということでしょうか?
裁判に訴えて勝訴してもその知人がソフトを私に渡さない場合は、ソフトの権利を私に口頭で譲った友人からその代金を取り戻せますか?

さらに、これがあらかじめ対象のソフトが他人に貸し出されていることを私が知っていた上で、友人から権利を有償で口頭約束により譲り受けた場合はどうなるでしょうか?

対象のソフトの権利譲渡費用は、3,000円でしたが、この程度なら大人では裁判費用がよりかかってしまうので、泣き寝入りしかないのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,340
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dor********さん

2011/2/1916:24:11

大人同士ではなくても、立派な詐欺ですよ。
ただ、絶対に戻ってこないことを知っていた上での行為なら、詐欺罪となりますが、借りている相手がソフトを返さないというだけなら、詐欺罪までは問えないと思います。

民事的には
あなたは、友人が貸している相手から返してもらう権利を買ったわけではありません。
現物が渡されることを前提で、友人にお金を払っています。友人は、自分の手元には無く、別の人物の手元にあり、返却されていないことを知っていながら告知していません。
この時点で、契約違反です。
なので、ソフトが手に入るか入らないか以前の問題として、3000円の返却を求めることが可能です。
「お金をもらった後も催促していた・・・・」は、当たり前というか、返してもらって初めて契約を果たしたことになるので、結果返ってきてないなら、何もしていないのと同じです。

あなたが、あらかじめソフトが貸し出されていることを知っていて、受け取りの権利を譲り受けた場合(有償か無償かは問題ではありません)、あなた自身が、ソフトの持ち主だったと同じことになりますので、自分で返却請求しなくてはいけません。たとえ帰ってこなくても、元の持ち主には関係ないことになります。
もちろん、このような債権譲渡の場合、返却請求するというリスクが発生するので、譲り受けるときに支払う対価は現品を受け取る場合に比べ安くなるのが一般的です。そのソフト(中古)の価値が3000円であっても、2500円とか2000円とかで債権を譲るということになります。

裁判ですが、少額訴訟というのがあります。これは60万円以下の訴訟を扱う裁判で、とても少ない費用で行えます。
弁護士などを利用する必要もなく、裁判所へ行って、窓口で言えば、訴状の書き方など全部教えてくれます。
裁判は1回だけで、その場で判決が出ます。

3000円の請求だと、1500円程度の訴訟費用となりますが、勝訴ならこの費用も相手負担にできますので、自分の負担はほとんどなしでできます。

そうはいっても、裁判となるとちょっと・・・・ということであれば、内容証明郵便で請求を送るという手があります。
内容証明郵便とは、中に書かれた内容のコピーを郵便局が保管し、「言った言わない、送った送ってない」という無駄な議論を防ぎ、裁判の証拠にもなるものです。
また、内容証明郵便という、なんか難しげなものが来ただけでも相手のプレッシャーになるので、代金の返却がスムーズに行く場合もあります。
なお、内容証明には書き方があるので、また調べてみてください。

質問した人からのコメント

2011/2/25 21:15:14

降参 ご丁寧にありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hip********さん

2011/2/1915:28:14

債務不履行の履行遅滞ではなく事実上履行不能と考えます
物がないにもかかわらず譲渡する約束をした時点で不能です

ぎもうし 錯誤に落としいれ 交付させ 騙し取っているという構成がとれるなら

詐欺が成立しますが このケースは他人物売買でもなく 錯誤に陥れてはいないので

詐欺成立の構成は難しいと考えます

民事上の問題です

代金を返金していただくか同じものを購入させ譲渡させるかです。

toe********さん

2011/2/1915:27:22

通常、双務的に債務を履行しなければなりませんので、債務不履行で返金を求めることができます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる