ここから本文です

平成23年度分から青色申告をしようと思う個人事業主です。 税理士は雇ってません。

kar********さん

2011/2/2019:58:30

平成23年度分から青色申告をしようと思う個人事業主です。
税理士は雇ってません。 平成22年度の売り上げが1000万を超え、平成24年から消費税課税対象になります。

参考
平成22年度の売り上げ 1200万
経費等 800万

仮に業績が23年、24年の売り上げが誤差100万前後の場合

質問1
消費税は簡易でしたほうがいいのか?

質問2
青色専従者給与は実際いくらで設定するのがいいのか?


よろしくおねがいします。

補足業種は建設業です。

閲覧数:
355
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pok********さん

編集あり2011/2/2110:28:34

金額だけの情報では消費税については業種も不明ですし、そもそも収入経費ともに課税なのか非課税なのかの判断もできません。よって簡易原則の判断も無理です。

利益200万円で専従者給与出す必要があるのでしょうか?青色申告特別控除65万円ひいたら135万円です。所得控除などでほとんどなくなるのでは?年間100万円だすとあなたの所得は35万円ですよ。基礎控除でなくなりますね。

補足

建設業ですとみなし仕入れ率70%です。

上記の経費がすべて課税対象だとしても経費率は66%ですから簡易のほうが納税額は少なくなるでしょう。売り上げが減って経費が変わらないと逆転しますけどね。

消費税の課税対象外の経費もあるのではないでしょうか?その場合にはかわってきますよね。最終的にはきちんと取引の中身を見なければ判断は無理です。あとは自己責任でどうぞ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる