ここから本文です

交通事故侘び料お願いの書き方

oh_********さん

2011/2/2310:43:33

交通事故侘び料お願いの書き方

先日交通事故にあってしまいました。過失は10:0で当方0です。
その時に知恵袋を利用して色々と聞いたのですが
侘び料(次の車購入時の保険との差額)を相手方にお願いしようと思っております。
もちろん断られると思いますが、やらないよりはマシだと思うので。
詫び状は書いた事があるのですが、今回のケースは分からないので
書き方等、詳しい方がいたら教えて下さい。
電話の方が簡単で良いのですが、聞いてないと言われればお仕舞いなので
書面でお願いしようと思っています。
相手方に送る時は、配達証明とかも付けた方がいいのでしょうか?

補足誤解を招く書き方をしていたようですみません。
相手方には保険の外だという事、
払う、払わないは相手方のご好意による物で
払わなくても何ら問題ない事は相手方にもちろんお伝えします。
払えやコラ!!と「請求」するつもりはございません。

閲覧数:
464
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

guf********さん

2011/2/2312:12:15

気持ちはわかりますが、そのやり方には問題がありますよ。相手保険会社から保険金は受け取っていますか?だとしたらその際に示談書を取り交わしているので、解決済みでありその事案に対してどのように任意であろうがソフトであろうが請求する事は出来ません。相手の保険会社とまだ示談が済んでいないなら相手保険会社にその事を伝えて示談を止める事です。相手保険会社と査定額に関する協議の結果、納得がいかなければ「納得がいかない。○○円以下では示談するつもりがないので、そちらで保険金として支払えないなら加害者に差額を負担して頂きたい」と申し出ると良いでしょう。結果はともかく保険会社としては顧客に一応意思の確認をすると思います。

質問した人からのコメント

2011/2/25 16:11:20

降参 回答ありがとうございます。
相手保険会社に聞いてみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2011/2/2317:23:50

弁護士を入れて訴訟しなさい。
最近は早く判決が出ます。
内容から言って勝てます。
諸費用は負けた側の負担になります。
当方弁護士さんの準備書面作成の手伝いはする事。

ton********さん

2011/2/2313:06:49

>払えやコラ!!と「請求」するつもりはございません。

なら、恥ずかしい行為はしないことです。
このようなネチネチしたやり方は、ある意味ヤクザ屋さんと同類です。
「侘び料」なんて典型的なヤクザ用語と思います。

最近、私の身近にもいましたよ。
人身・当て逃げの加害者(おそらく飲酒)が後日捕まったので、
結果として保険とは別に60~70万出させたヤクザもどきの
輩もいますが、貴方はそれを、一見おとなしく見える
文章で要求しようとしているのです。

私から言わせて貰うと、テメ~と圧力を掛けるより「陰湿」で
人間として腐った行為です。

貴方がすべきことは事故により車両が格落ちするなら、
それを客観的に証明して保険会社に要求することです。

oh_oku095さん

dai********さん

編集あり2011/2/2313:06:39

既にある回答とほぼ同意見です。
いくら言葉丁寧に書こうとも、婉曲的に書こうとも、「被害者」という立場を利用していわれのないお金を請求する行為は「恐喝」と変わりません。
保険会社の査定額に不満があるなら、根拠を添えて保険会社に査定額の増額を要望するのが筋だと思います。
既に示談しているならなおさらの「ちゃぶ台返し」です。示談書には何と書いてありますか?「これ以上の要求はしない」ってはっきり書いてあるはずです。

編集あり2011/2/2311:59:55

あなたがやろうとしていることは、一番やらない方がいいことだということを認識していますか?

相手方がその手紙を受け取れば、相手方損保会社に相談し、相手方損保会社は、弁護士委任とするよう相手方に勧めるでしょう。

弁護士委任となれば、これまでよりも厳しく保険会社の支出を抑制しようとしますよ。そうすれば、あなたの多くの賠償額を得たいという思いとは逆の結果になりますよ。だって、依頼者である保険会社の利益を守るのが弁護士の仕事だから。

あなたがやるべきことは、ご自分の車の現在の価値について、条件が近いものの市場価格などを一生懸命調べて、その平均額を損害額としてもらえないかどうか、冷静に交渉することです。

はっきり言います。相手方に直接請求するのは愚かな行為です。(ここ数日の質問にも、直接請求して弁護士が出てきた、絵に描いたようなケースがありましたよ)

補足に対する追記
保険というのは本人が支払うべきものを、本人に代わって支払うものなのです。だからあなたのいう「保険の外」なんていう概念は通常存在しないんですよ。
やるのは自由なので、どうぞご自由にとしか、申し上げられません。

「聞いてない」「読んでない」「知らない」を防ぐためには、内容証明郵便が(完璧ではありませんが)効果的です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる