ここから本文です

マンションの共用廊下側の腰窓に柵がありません。

rin********さん

2011/2/2410:44:11

マンションの共用廊下側の腰窓に柵がありません。

付いている部屋もあるので、大家さんに、付けて欲しいとお願いしたところ、前は、入居者の希望でつけていたが、今は、避難確保のため、駄目になったとのことでした。
そのため、廊下側の部屋は、寝室にしていますが、防犯上、窓を開けたり出来ません。
湿気もひどく、家に居るときくらいは、窓を開けたいのですが、何か方法は無いでしょうか?

新しいマンションは、通路になる窓には柵がつけてないのでしょうか?
大家さんではなく、管理会社に相談した方がいいのでしょか?

大家さんは、同じマンションの最上階に住んでいるため、大家さんに聞いたのですが・・・

閲覧数:
2,918
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tna********さん

2011/2/2414:09:09

おそらく消防法施行規則5条の2、避難上又は消火活動上有効な開口部を有しない階(無窓階)にならないように、廊下側の窓に格子等を設置できなかったのではないかと思います。
しかし築年数が新しい古いに係わらず廊下側の窓に格子が設置してあるマンションは多数存在します。消防法上の無窓階の計算は、各階ごとに避難用の通路に面した避難上有効な窓の面積が、その階の床面積の30分の1以上ないといけないはずです。つまり廊下側に格子が設置してあるマンションは、その有効な窓がバルコニーに面している窓などだけで30分の1以上あるので廊下側は避難できなくても(法律上は)問題ないという解釈です。
質問者様のマンションは、窓が少ないとか小さい、バルコニーが避難できる通路に面していないなど理由があって廊下側に格子がないのだと思われます。また、自治体によって消防署の規定が厳しい場合もあるのかもしれません。
大家さんは設計者から説明を受けておらずに、過去に入居者の希望で格子を設置したが消防点検時などに指摘を受けて以後は許可をしていないのかも。現在も設置したままの部屋は、一度設置したものまではとらなくてもよいと見逃してもらえたか、その部屋の窓を除外しても無窓階の計算が成立したので見逃してもらえたのではないでしょうか。若しくは入居者が勝手に設置してしまったかですね。
しかし実際問題、窓が開放できないのは不便ですので、管理会社、大家さんを通してそのマンションの設計会社なり建設会社なりに相談してはいかがですか? 消防署の判断にもよりますが、ネジ式のはずしやすい後付格子が許可されたことがあります(もちろん消防署は仕方なくです、避難は大抵玄関からするので、最悪外からネジをはずして消防隊の救助が可能であれば~な感じ。大分昔のことなので安全意識が低かっただけなんですが。) また格子をつけることで廊下の有効幅が1.2メートル以下になることは建築基準法違反になってしまいます。
窓の内側に設置できる格子もありますが、結局消防点検時には事前に外しておかなければならないですよね~、あまりいい案が浮かばなくてすみません。

質問した人からのコメント

2011/2/26 22:47:10

管理会社に連絡してみました。詳細を伝えたところ、消防法には引っかからないとのこと、大家さんの方は、前回私が聞いた話とはまったく違う返答を管理会社にしたようで、付いてる部屋は、大家さんが以前希望者につけていたと聞いていたのですが、住人が勝手につけていると言ったようです。
でも、個人でつける分には問題が無いようなので、早速つける予定です。
ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる