森鴎外の【舞姫】についての質問です。 今学校の定期試験に舞姫が出題されるのですが、問題が難しくて解けません(>_<)

補足

お願いします!

文学、古典100,957閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

9

9人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

すごいわかりやすかったです

お礼日時:2011/3/5 18:52

その他の回答(2件)

4

iitoko24さんがおっしゃることは最もだと思います。 まあ試験まであんまり時間もなさそうですし、私の考えるところを少しだけ… といっても大したことではないし、重要なところはぼかしてあります。 内容を拝見しましたが、大学の内容でしょうか。 私は以前少しですが、森鴎外について調べたことがあるのでお答えできるかもしれません。 但しかなり穿った見方をしているかもしれませんし、研究者のような身分にもない、一解答者の意見として聞いていただければと思います。 1については、「語りの構造」ということが重要でしょう。 また、「サイゴン」ということは、実は日本に帰る前なんですね。そこも面白い所、というか読者に期待を持たせる所なのではないでしょうか。 2について、どうも問題の意図にしっくりきません。この作品は森鴎外が、作品を書き、その作中で豊太郎が手記をとる、という構造なのですが、鑑賞の視点というか、どうも読み手が豊太郎に同化して読んでいることが前提のように見える気がします。あまりわたくしこのようなものは好きではないです。 3ですが、この質問の内容から考えると、作品全体を通してというよりはこの部分の記述のみに注目して書いてもよいのではないでしょうか。 4。これは書かなくてもいいでしょうか。敢えて言いたいのは、「エリス」についての描写、「我が眼はこの哀れなる少女のうなじにのみそそがれ~」(うろ覚え)とエリスに会って「脳天ぶちぬかれた」みたいな描写が好きです。豊太郎もお好きねえ。 余とエリスとの交際は、この時までは餘所目に見るより清白なりき(笑) 5、これはあれですな。恐らく救済用の問題。近代的自我がどーのこーの書いたりエリスが女性的だとか書いとりゃいいんじゃないでしょうか。 出題者を貶める気は全くありません。作品の解釈は色々と自由ですし。 というか作者の手を離れてこれほど時間が経ったのにこれほど議論を醸す名作だということは一つ言えるでしょう。 と、内容を見返してみたら「普請中」と少しごっちゃになったかもしれないです。 もう試験まであまり時間が無いかもしれませんが、今後さらに学ぶならば、「普請中」「ヰタ・セクスアリス」などを読んでみると面白いかもです。

4人がナイス!しています

0

大きめの図書館へ行き、司書に「こういうことを調べたい」と言えば、参考書目を調べ、教えてくれます。 全部やってくださることを、人に期待している? こういう、考えなければ答えられない問題は、自分で調べてから考えないと、いつまでも実力がつかないよ。 ところで、いま、試験中じゃないね?