ここから本文です

☆海外格安航空券の買い方について☆

mamamamanatiさん

2011/3/215:04:51

☆海外格安航空券の買い方について☆

海外旅行の際、航空券はどこで買うのが良いですか?

①JTBやHISなどのカウンター
②インターネット(etourなど)
③航空会社のHPから直接

できれば価格面以外の、それぞれのメリット・デメリットを教えてください。

価格がそれほど変わらない場合、どの買い方がオススメでしょうか?

閲覧数:
2,652
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

s_linerさん

2011/3/215:59:54

(1)旅行代理店での対面販売
メリット:対面で聞きたいことを聞ける。
デメリット:航空会社であれば発券手数料がかからないのに、こっちでは取られることも。また、申し伝えの行き違いは気をつけなければならない。航空券の種別によっては、座席指定が出来ないこともある。空港に着いてからのイレギュラーには、旅行代理店を通じて話をしなければならないケースもある。

(2)ネット営業の旅行代理店購入する
メリット:確かに安いのは拾える可能性がある。
デメリット:確認の義務は間違いなく旅客にある。名前入力ミスなど、サイト上でのミスは自己責任です。それ以外に(1)のリスクが全部付いてきます。

(3)航空会社で直接
メリット:eチケットの発券を保留されることは基本的にない。予約=発券と、タイミングがわかりやすい。空港に行く前、着いてからでも、航空会社の係員に全て相談できる。事前に座席を指定出来る運賃が基本のため、購入直前に座席を確定させることが出来る。運賃次第ではイレギュラーの対応に強みも出る。
デメリット:付随する条件は全て自分で確認する必要がある。名前入力ミスなど全て自己責任。購入する航空会社によっては、英語ができないと苦労する羽目に。

日本に電話予約センターを持つ航空会社であれば、(3)をお勧めしますけどね。値段がほとんど変わらないときは、そんなもんです。

質問した人からのコメント

2011/3/4 09:52:32

降参 分かりやすく教えていただきありがとうございます!!
皆様回答ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nuko0975さん

編集あり2011/3/218:25:08

メリット
1. 意思疎通が図りやすい
2. いろいろ比較しながら決められる
3. 中間に余計な人がいないので航空会社に直接リクエストを出せる

デメリット
1. ゆっくり考えて決めにくい、手配手数料がかかることがほとんど
2. 手配手数料がかかることが多い、クレジットカードが使えないことが少なくない
3. その航空会社か提携会社便しか予約できない

価格が変わらないのなら、私なら航空会社の予約電話か、ウェブで予約発券します。

旅行会社は平日の昼間しかやっていませんが、航空会社から直接買うなら24時間365日、世界中どこかの予約が開いています。電話で購入できるのは日本の窓口としても、ちょっとした変更などがいつでも電話でできるのは便利です。遅くとも発券が終わっていれば、このあたりは旅行会社から買っても同じかもしれませんが。

fu03na14chiさん

2011/3/215:52:01

目的(宿泊つきかチケットのみか)とどこに行くかにもよります。
1.一般的には②、①の順でしょう。 LCC(格安航空会社)も時期によってはお薦めでしょう。
2.中国ならば、ひとの流れが多いので、中国系の小さな旅行代理店が、“餅は餅屋”で結構安く手にはいり、私が経験したところは親切です。留学生に紹介してもらいました。そこは、会社関係の出張も取り扱っていますので、知るひとぞ知るです。中国は広いので得意な地域が店により違います。
3.台湾の中華航空はANAとかJALと同じ要領で、HPから座席指定もでき、支払いはカード。WEB料金もありお薦めです。
4.いずれにしても、海外にいても電話で問い合わせができるところが便利です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。