ここから本文です

ファミレスのドリンクバーで,もとを取る話 先日,友人とファミレスのドリンクバー...

shu********さん

2011/3/219:35:26

ファミレスのドリンクバーで,もとを取る話
先日,友人とファミレスのドリンクバーで,もとを取るということについて論争になりまだ決着がついていません。
私の理論はこうです。
例えばコカコーラならペットボトル500ミリを150円と考え,ドリンクバーの料金が300円だった場合,コーラをペットボトルで2本分以上飲めばもとを取ったと言えると考えます。
500ミリペットボトル2本分と言えども意外ときついはずです。しかし友人の理論は,憶測ではあるが500ミリコカコーラの原価を約30円と仮定すれば,10本分でやっと300円なので,500ミリ×10で5リットルは飲まなくてもとは取れないというものです。
確かに友人の理論が正しいようにも思えますが,実際に私達が原価で飲めるということはまずないでしょう。
飲むとすればコンビニや自販機などで市販のコーラを買うことになるはずです。
よって友人の理論を適用すると,市販のコーラを買って飲んだ場合も,もとを取れていないということになってしまいます。これは商品である以上当然のことなので,おかしな話になってしまう気がします。
経営者側や企業側ではなく,私達は消費者という立場であるため,単純に私の理論で考えるべきだと思うのですがいかがでしょうか?

長文になってしまい,読み苦しい文章になってしまいましたが皆様の回答をお待ちしています。

閲覧数:
153,936
回答数:
282
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jib********さん

編集あり2011/3/312:44:42

はー。なるほどね。確かにそうですよね。
>飲むとすればコンビニや自販機などで市販のコーラを買うことになるはずです。
>よって友人の理論を適用すると,市販のコーラを買って飲んだ場合も,もとを取れていないということになってしまいます。
>これは商品である以上当然のことなので,おかしな話になってしまう気がします。
「普通に飲めば○円かかるから、○杯飲んだら元が取れる」と考えるのが相当な気がしてきました。

あなたの考え方に1票!

*追記*
なんか…「気持ち的なお得感」を挙げて、「自分が満足すればそれでいい」とおっしゃってる方がいますが。
そういうことじゃないんです!(笑)そんなクールな態度で議論に臨まないように!
それじゃボクシングのリングに立って、ゴング鳴った瞬間に「殴りあうなんてバカみたいじゃない?」と諭しているようなもんです。
もっとこう…なんというか、「あたしは友達派!」とか「質問者さん派!」とかいう意見を聞きたいですね。
「どっちでもいい」みたいな姿勢の人は論外!

別に質問者さんだって真剣に元取るつもりで聞いているのではないでしょ。
普通に美味しく飲めばいいことは百も承知ですよ。
もっとお気楽に、飽くまで「理論的に」話をしたほうが、この質問は面白いのになー。

質問した人からのコメント

2011/3/3 19:35:50

感謝 ご回答ありがとうございます。おっしゃる通りです。実際に本気で元を取ってやろう,などというような意図がある訳では全く無く,一見くだらないかもしれませんがこの手の議論が好きで,皆様の意見を参考にしたかったのです。
様々な意見を頂き,納得したものも数多くありましたが,誤解を解きたかったということもありベストアンサーに選ばせて頂きました。
また何かありましたら皆様,ぜひよろしくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/281件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kaz********さん

2011/3/317:20:42

「もとを取る」という言葉の定義の違いですね。
元を取るの「元」とは投下資本・元本(今回で言うと300円)のことで、「取る」は回収するの意味ですから、今回のように消費してしまうものについてはそもそも使えない用語ではないかと思います。その人それぞれでトータルで「得した」と感じるところが「元を取った」状態です。たとえば300円払って3杯飲んで、それで満足した(300円分の価値を満たしたと感じた)のならそれが元を取った状態です。人によっては5杯、10杯で満足する人もいるでしょう。このように入り口と出口が同じものでない限り主観的な価値観で評価せざるを得なくなります。今回の論争の原因はここでしょうね。

そこをあえて無視して述べるとするなら、質問者さんの基準で考えたほうがどちらかというとわかりやすいと思われます。もう少し踏み込むなら、両者が入手可能な一番安いコーラ(ドリンクバーと同じ銘柄)の値段を基準にするのがよろしいと思います。
ご友人の考え方ではそもそも手に入れられないものを基準としていますし、原価についても推測ですのであいまいだからです。

san********さん

2011/3/317:09:24

飲みたいときに、すぐ、コーラ工場で、あ~ん、と口を開けて(コップを使わず)、出来たてコーラを飲める環境なら、原価で飲めるコーラ以外のコーラでは、もとをとれない、と解釈します

真夏、炎天下、入店しただけで元を取った気がします

逆に真冬でも同様

座席に座り、誰にも邪魔されず、清潔な食器が用意され、トイレも使い、駐車場も借り、明朗会計、、、それを勘案すれば、貴方に賛成

以前、たまたま入ったサイゼリアにて、ホットドリンク(コーヒー、茶)5杯目位を飲もうとしたら、店長にチクリと言われました

砂糖、ミルクが高価なのでしょうね

もう、行ってません

高級店では、おかわりのたびに、食器丸ごと変えてくれますし、内外の朝刊読み放題、お持ち帰りOK

確実に元取れます

qaw********さん

2011/3/315:25:17

時と場合による、が正しい理論ですね。

そこが飲み放題なのかどうかもありますし・・・
でも一般論とかで考えたなら、原価では飲めない、とのことで貴方の理論が正しいと思います。

unf********さん

2011/3/314:49:41

質問者さんの意見が正解に近いと思います。
確かに、小売用のペットボトルよりも飲食店用の大きいパックのほうが商品単価は割安そうです。
しかし、それ意外に施設の家賃、電気代、食器や機械のメンテ、人件費等がかかるわけですが、それらのコストは小売販売の場合よりも割高だと思われます。
よって消費者側からしたら十分にもとは取れてるはず!

ドリンクバーでもとを取るなんて考えたこともありませんでした。
面白い発想ですね。
みみっちいとかではなく、こういうことを考えるのは物事を多角的に見られるようになって面白いものだと思います。

zkl********さん

2011/3/314:48:39

モトを取れたかどうかは人それぞれなのでは?
物理的な面(損得)、心理的な面(満足)のどちらを重視するのかによっても変わるでしょう。
物に対して言えば、原価で考える人もいるだろうし、売価で考える人もいていいと思います。
ただ、原価で考えている人は普段の買い物をしているとき、
必ず損をしているという事になります。
加工賃や輸送費、人件費など、原価の他にもいろいろお金はかかっています。
それを理解した上でまだ損していると思うのであれば、
自給自足でもしない限り、モトを取る事なんてできません。

売価で考えるのであれば、いつも買う値段より割が良ければ得を出来るので、
モトを取れたと言えるでしょう。

どっちが正しいと言うわけではありません。考え方と気持ちの問題です。
ただ、お金や質量の損得ではなく、欲している物が手に入る、
飲みたければ何杯でも飲めるという事に対する満足感を求めて頼む
生き方の方がすばらしいと思います。

ZKL

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる