ここから本文です

小説「藪の中」について真実をお聞かせ下さい?

ken********さん

2011/3/417:17:52

小説「藪の中」について真実をお聞かせ下さい?

私の見解は、犯人は盗賊で間違い無いと思います。(盗賊、妻、夫)
理由は、もし妻が犯人と仮定した場合、盗賊が妻をかばう理由が無い
証言どおり、自分が女好きで理不尽なことをしておきながら、他人の罪を
かばうわけが無い。これが一番の理由です。
妻の証言が嘘の根拠、①盗賊に手篭めにされた事で生きていけない
自殺したいが、自分では死にきれないから、自分が夫を殺したことにして
死刑にしてもらいたい。②盗賊のことを好きになってしまったために、盗賊の罪を
かぶってあげた。が考えられるため自分が夫を殺したと嘘の証言をすることも考えられる。
夫の証言が嘘の根拠、本当に自殺したのであれば、盗賊が殺したというはずが無い。
罪を他人にかぶせれた上に女を手篭めに出来てラッキーと盗賊は思うはず。

盗賊は前歴もあり、極悪非道で今回の件は言い逃れが出来ないと
真実を語っていると思います。みなさんのご意見いかがでしょう。

補足あくまで小説ですが、この物語の先があるとするならは当然殺人を認めた二人の
聴取は繰り返され、別の霊媒師を使えば夫の虚偽は分かると思います。回答者さんの
言われる人間不信を描くのであれば逆に殺してない人が殺したと嘘を付くほうが
強いと思いますが。

閲覧数:
2,742
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/3/422:00:56

芥川龍之介の頭脳ならそこまで考えることは可能だと思いますが、僕にはあれが推理小説とは認識できません。犯人が誰とは考えてなかったんじゃないかとさえ思います。下の方のとおり、「真実は藪の中」です。


この小説のメッセージは、エゴの塊である人間のいうことなんて嘘ばっかりだ、につきると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

kan********さん

2011/3/1021:45:29

多襄丸の証言は、多分に見栄を張っているのではないかとも解釈できますよ。

taroさん

2011/3/419:34:26

まあ、そうかもしれませんが、芥川の意図としては違うと思います。芥川が書こうとしたのは「真実は藪の中」ということです。男と女の間なんてほんとうのところはだれにも分からない・・・。
つまり究極の人間不信が芥川の心の中に宿っていたということになります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる