ここから本文です

看護学生の実習について。 実習が5日目になりました。 こんなに経ったのに、...

tir********さん

2011/3/623:32:02

看護学生の実習について。

実習が5日目になりました。
こんなに経ったのに、患者さんとのコミュニケーションがうまく取れません。
一番悩んでいるのが、患者さんが自分の病気についてネガティブな発言をするときです。
脳梗塞の方なのですが、左に片麻痺が残り、毎日リハビリをしています。
会話をしていると「この手が動かなくてね。もうあたしは嫌だよ。どうしたらいいんだろう。」というようなことをおっしゃられる時がよくあります。
この時私は何か言って励まさなきゃ!と思いつつ、良い言葉が浮かんできません。
話を聞くだけでもコミュニケーションになるし、患者さんの気持ちを楽にしてあげられる、と担当の看護師から言われましたが、実際言葉が出てこなくて沈黙する時私は泣きそうです。
何も言ってあげられない自分が悔しいのです。

こんな時あなたならどんな言葉をかけてあげますか?

読み難い文章ですいません。よろしくお願いします。

閲覧数:
2,621
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mil********さん

2011/3/701:35:39

私も実習で、つい先日までリハビリ中の患者さん担当してましたよ。
同じような心情になって、実習最終日に隠れて号泣しました。

ネガティブな発言をされたら、切ないしどうして良いか分からず一瞬凍りますよね・・・

学生なので変に病気やリハのことをいろいろ口出しすることは出来ないので
Nsさんの言うとおり患者さんの話を傾聴することが第一ですが、私は弱音を吐かれていたときに
「リハビリは継続が命です」とか「今がいちばん大変な時期ですね、ここを乗り越るとだいぶ動くようになりますよ。」
と言っていました。
あとは、退院したら何をしたいか考えてもらったりして、のんびりした時間を過ごすことで、こちらが焦ったりしていないのをアピールしていました。
こっそりPTさんに、担当患者さんが退院までに体が動くようになるかを聞いて、退院までに大丈夫そうだよ、ということだったら「退院予定が○月なので、ちょうど○○の美味しい季節ですねー♪それまでリハ頑張れば食べに行けますよ!○月までに今より良い状態に持っていきましょう^^」とか言って、目標を作ってもらうよう促しました。

患者さんとのコミュニケーションが一番の難関であり永遠の学生のテーマになると思います。
担当教員や指導Nsの方々と相談しながら頑張ってください!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

usu********さん

2011/3/806:20:15

展開進めてたら悩むはずないんだけどね

まだまだ全体像掴めてないんじゃないかな?
精神的心理的社会的に どうなのかな

発達段階調べて 何をどう喪失したんですか?
何が変わった?今のベストを尽くしてください

bu_********さん

2011/3/705:10:07

他の方もおっしゃるように励ます必要はあるのでしょうか?

受容するまでの過程はどのように教わっていますか?

それに必ず良くなるなんて言葉は言ってはいけません。
患者さんはいつまでも障害となったものを受け入れられませんし、自分の頑張りが足りないと余計に自身を追い込んでしまいます。

会話がなくとも同じ時間を過ごすことに意味があるのではないでしょうか?
沈黙が怖いのも解ります。
そんな時こそタッチングが必要なんでしょうね。
しかし、どこに触れるのかはご自身で考えてください。

また動かないからといって何もしなければ、機能回復は望めないでしょう。
リハビリでは、どのような事をしているのでしょうか?
病棟でも継続し、かつ患者さんが一人でもできるリハビリはお考えですか?(継続看護について)
リハビリ科の医師や作業療法士に相談してみてはいかがでしょうか?

ili********さん

編集あり2011/3/700:06:23

「こんなに経ったのに」って、
まだたかだか、たったの5日程度で何を・・・

私なら、相手に質問してデーターを取り、
そこから患者の可能性を探す。

たとえば、
そのためにリハビリしていますからね〜
どういう角度だと、動きにくいですか?
どの動きだと、少しはできますか?
いろいろ一緒に試してみましょうね〜
この動きはどうですか?
などと聞いてみるとか?

相手を知る努力と、相手の可能性への協力姿勢を
見せることが看護婦の仕事でもあります。
言い方次第では、リハビリに飽きちゃって愚痴ってる
患者の関心をリハビリに戻すことができます。

時にはそのとき無理にリハビリを続けなくてもいい。
患者の愚痴をひたすら聞いて、
一段落したら、リハビリを開始すれば良い。
愚痴の中に患者の精神状態のヒントも沢山入っています。

安っぽい励ましはかえって不愉快で迷惑。
いろいろ試してみて下さい。

看護婦さんのおかげで
患者も家族も本当に助かっています。

che********さん

2011/3/623:44:24

私は介護の専門学校に通っていて、この間3度目の実習が終わりました。
私も学生の身なので偉そうなことは言えませんが、一応コミュニケーション技術を勉強しているということで、回答させていただきたいと思います。

患者さんはきっと励ましてもらいたいわけではないのだと思います。
もちろん私たちに片麻痺の症状があるわけではないので、その方の思いや悲しみを全て理解できるわけじゃありませんが、「そうですよね。苦しいですよね。」と言って、患者さんの気持ちに寄り添うことが一番大切なのだと思います。患者さんの言葉を復唱したり、懸命に相槌を打ったりするだけで、患者さんはきっと、「この人はわかってくれている。」と感じるのだと思います。

ただ漠然と「リハビリをがんばりましょう!」と、言うよりは、気持ちを理解し寄り添うことが大切なのだと、私は思っています。

suz********さん

2011/3/623:44:04

患者さんが望んでるのは励ましでしょうか。カウンセリングでは傾聴と共感ですね。「動かなくてね~。嫌だよ」と言われたら「つらいですよね~。どうしたらいいかわからないですよね~」と相手の言葉を復唱することでも共感につながります。また、無理に話そうとせず患者さんの手を握ったりなでたりタッチングすることも非言語的コミュニケーションですよ。これは意味のある沈黙ですよ。実習で大切なことの1つに患者さんと共に同じ時間を過ごすということがあるのです。リハビリの成果がでなくても継続していることを認める発言をしてはどうですか。「頑張ってますね。見習いたいです。」とかでもいいのでは?担当の看護師さんがよい人でよかったですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる