ここから本文です

厚生年金の配偶者加算についての疑問です。 62歳時点で配偶者がいれば、厚生年...

yam********さん

2011/3/1112:09:42

厚生年金の配偶者加算についての疑問です。
62歳時点で配偶者がいれば、厚生年金定額に、配偶者分が加算されるが、その後の離婚で加算されないのは理解できるが、
初婚、再婚で加算されない。

62歳後の高齢者の人生を無視するような制度にしている考え方が理解できない。
社会保険事務所に聞いても、年金ダイヤルに問い合わせしても、まともな答えが返ってこない。
なぜ、配偶者の存在を62歳時点に固執しているのかそれが知りたい、それと早急な法改正を望みます。
40数年高額な保険料を支払い続けて、一人分の生活費にも相当する加算額をカットする、こんな酷い制度に腹が立ちます。
どなたか、このような制度にしている納得のいく考え方を教えていただきたい。

閲覧数:
715
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yon********さん

2011/3/1322:53:39

62歳ではなく、「定額部分」の受給開始時期で判断します。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる