古代ローマ人は、トマトソースやスパゲティは食べてなかったのですか。

古代ローマ人は、トマトソースやスパゲティは食べてなかったのですか。 トマトは、新大陸のものと言うことになっているので、まだまだ先の話ですね。 スパゲティは、なかったのでしょうか。 パンは意外に高級な食品で、手間がかかるために粥はメインだと言うことを教えてもらったのですが、 小麦の粥がメインですか。 小麦を小麦粉に挽かないで、そのままコメのように粥にするのでしょうか。 とろとろになるんでしょうか。 現代では、小麦をそのまま食べることは珍しく、ほとんどが小麦粉に挽きますよね。 貴族はパンで、庶民は小麦ないし大麦の粥ですか。 肉類としては豚肉が食べられたのですか。 豚肉も高級品になるのですか。

世界史1,055閲覧

ベストアンサー

0

ご存知の通り、トマトやジャガイモなどは南米原産のものが多いですね。 スパゲッティーに関しては、学生の頃に話を聞いた事がある・・もう25年だけど^^; 確か紀元前3〜4世紀にはスパゲティーが存在していた事が、お墓か何かから出土していた事実がある。 中国の麺文化とスパゲティーの成立は関係ないと思ったなぁ。 パンはイタリアよりもはるかに歴史の古い時代・・シュメール人の素焼きの煉瓦文化の頃や、その後のバビロニア時代の石の上で焼いたパンがあった史実があるから、ローマ帝国以前からあったと想像できます。 イタリアって言葉の語源が「羊のいる地方」って意味からも、羊は多くいたのだろうし、ミルクやチーズ以外に普通にたべていたのでは?と思います。 思いつきで書き込んでしまったので、間違っていたらゴメンなさい。

その他の回答(4件)

0

スパゲティのような、麺状の食べ物の絵が、古代エトルリア人の地下式住居から、発見されています。 エトルリア人は、当初、ローマ人(ラテン人)をも支配していただけでなく、ギリシアよりも、西での古代欧州で、唯一と言えるほど、高い文化度を誇っていました。

0

ローマ市民は小麦などの穀物の配給を受けられました。 これは市民の人気取りのために時の皇帝などが行った、いわゆる「パンとサーカス」という政策です。 パンは穀物、サーカスは見世物、つまりコロッセオなどで行われる剣闘士などの戦いといったものです。 これらを無料提供することで皇帝は市民の支持を得、市民は食べて見物してという生活をしました。 もっとも配給は小麦などのみで働かなくても食べていけるというほどではありません。 小麦の粥というと現在で言う「オートミール」のようなものです。 挽いてパンにすることしたでしょうが燃料代がかかります。 まあローマ市民はそもそもそれほど貧乏というわけではないので、それなりの食事もできました。 市民にも貧富の差がありますので、商人などの富裕層は肉類を食べワインを飲むという贅沢が可能です。 貴族クラスになると食べて食べて食べ続けるためにわざわざ食べた物を吐いていたというのですから驚きです。 貴族の食事は贅沢で山海の珍味が食卓に並び他の貴族と贅沢を競うほどです。 当時のローマは魚を発酵させた「ガルム」という魚醤を味付けに使っていました。 これにはたくさんのアミノ酸が含まれていて旨味として料理に多用されていました。 しかしトマトが入ってくるとトマトにとってかわられます。 というのもトマトにもたくさんのアミノ酸が含まれていて手軽に料理に旨味が加えられるからです。

0

トマトはアメリカ大陸由来ですからローマ帝国にはありません。しかし当時は、肉や魚介類などの料理法も発達し、ワインもありましたから、コンビニ弁当やファミレスあたりに行くわれわれより贅沢な食生活だったでしょう。

0

ご自分で回答されているように、トマトは、新大陸のもので、大航海時代に移入されました。 スパゲッティは中世末、(元代の頃)中国からもたらされたものです。 パンと見世物というくらいだから、ローマではやっぱりパンかな。