ここから本文です

その時歴史が動いたという番組で黒人の差別撤廃運動の回を見てとても感動しました...

aki********さん

2011/3/1415:07:51

その時歴史が動いたという番組で黒人の差別撤廃運動の回を見てとても感動しました。
そのような内容の映画があれば見たいと思っているのですが
知っている方がいましたら教えてください。

・ハッピーエンドでお願いします。
また題名は忘れてしまったのですが遠い…なんとかという白人新聞記者と黒人運動家との友情の
映画は見ました。
よろしくお願いします。

閲覧数:
371
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

maj********さん

2011/3/1611:15:48

ちょっと違うかもしれないんですが、南北戦争を描いた「グローリー」はいかがでしょうか?
転用ですが・・・あらすじを。

1860年代初頭、ボストンの実家に戻ってきた北軍指揮官ロバート・グールド・ショー(マシュー・ブロデリック)は、パーティの席上で知事(アラン・ノース)から、黒人だけで組織される第54連隊の指揮官を勧められ、それを引き受ける。ショーの友人で白人士官のキャボット・フォーブス(ケイリー・エルウェス)と幼なじみの黒人シアーレス(アンドレ・ブラウアー)も、それに志願した。やがて多くの黒人たちが入隊を志願するが、その大半は南部から逃れてきた奴隷で、食事と軍服目当ての者も少なくなかった。訓練は苛酷を極め、しかし兵士は白人部隊をしのぐ成長ぶりをみせた。が、北軍内部でさえ人種差別は根強く、必要物資もなかなか支給されない上、リンカーン大統領の命令で、黒人兵は戦闘の加わることができないでいた。厳しい訓練が続く中、ショーは、リーダー格のローリング(モーガン・フリーマン)や白人を憎むトリップ(デンゼル・ワシントン)、射撃の名手シャーツ(ジミー・ケネディ)たち兵士との交流を通して、厚い信頼関係を築いてゆくのだった。間もなく第54連隊は、サウスカロライナに移動し、ローリングも黒人初の上級曹長になるが、略奪や肉体労働ばかりの黒人兵士の仕事に業を煮やしたショーは、総司令官にそれを訴えて脅かしたことで、連隊はようやく実際の戦闘に加わることができ、そしてめざましい戦果をあげた。さらにショーは、難攻不落の南軍の砦フォート・ワグナーの攻撃を、部隊の全滅を覚悟で志願する。戦いの前夜、兵舎でゴスペルを歌う兵士たち。ローリングは、今まで家畜同様に扱われてきた、これは自分たちの誇り高い栄光なのだ、と語る。そして南北戦争の雌雄を決するこの壮絶な死闘の中で、第54連隊は全滅した。しかし彼らの勇敢な戦いは、その後北軍に多くの黒人部隊を誕生させるきっかけとなり、その勝利に大きく貢献することになるのである。

http://www.youtube.com/watch?v=8XuUGD7aa3E

ハッピーエンドというにはかわいそうな結果になるんですが、白人将校と黒人の部下が信頼し合い、成果を挙げていくのが感動的で、結果、今があると考えると、ハッピーエンドといえると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ani********さん

2011/3/1719:32:44

アメリカの黒人女子バスケ選手
「日本の大災害はパールハーバーの報い」
「おまえはジャップか」
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110315-748687.h...

@ZenobiaDTC u just never knw! They did pearl harbor so u can't expect anything less
http://twitter.com/cappa23/status/46596135682453505

@ZenobiaDTC r u jap?
http://twitter.com/cappa23/status/46599595748360192


我々が黒人差別に同情的になっている一方
黒人は日本人を差別しています。

rai********さん

編集あり2011/3/1711:56:33

黒人差別限定ではないんだけど、アメリカに、はびこる差別の問題を取り上げた『紳士協定』というのがあります。この映画はかなり面白かったです。差別する人々の心の動きみたいなものが、上手に描かれていました。

ハッピーエンドには、当たらないかも知れないけど、『カラーパープル』という映画も黒人差別を真っ向から取り上げた映画です。

『ドライビング・ミス・デイジー』という映画も、黒人、ユダヤ人等に対する差別を取り上げています。全体的には、穏やかな感じの映画です。黒人運動家のマーチン・ルーサー・キングの演説が流れるところがあるのですが、その演説に感動しました。
あとは、他の方も薦めておられましたが『マルコムX』『招かれざる客』。これらの映画も面白く見応えありました。
『招かれざる客』の方は、コミカルな要素も含ませながら、黒人に対する差別を取り上げていましたよ。

sku********さん

2011/3/1503:41:00

『ドゥ・ザ・ライト・シング』'89年
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=15702

NHKに近い歴史的な側面から見たいのでしたら『マルコムX』をお薦めしますが。

c8f********さん

2011/3/1415:37:53

「マルコムX」「ブラック・パンサー」が 解りやすく参考になるとおもいます。(あくまでも黒人側目線ですが)

tat********さん

2011/3/1415:26:01

テレビのミニシリーズ
『ルーツ』
アメリカでの黒人の歴史を、アフリカでの奴隷狩りからドラマが作られた現代まで、
ある架空の個人の家系を通じて描いたもの。
基本的な流れを一気に見られ、ドラマ的面白さも充実している。
ただし「公民権運動」にテーマを絞ったものではない。
ツタヤレンタルもあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる