最近、ランニングを始めました。「かかとからから着地してください」とトレーナーから言われたのですがどうしてですか?私はつま先から着地する歩幅の狭いランニングは楽で疲れにくいのですが・・

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(4件)

2

簡単に言えば、足への負担の問題です。ランニング専門のサイトなんかでは、踵で着地→つま先で蹴る、というのが基本みたいですね。 まぁ間違いではないのですが、多くの例外があって、例えば筋力不足で大腿部をお腹のほうへ引きつけることができなければ、足を前にふりだすことはできないので、踵からの接地は難しいし、ハム(ふとももの裏の筋肉)や下腿(ふくらはぎ)の短縮がある場合には膝が完全に伸展できず、踵からの着地が困難な場合もあります。 最近ランニングを始められたということで、トレーナーのいうことは何でも聞いてしまいがちでしょうが、何もかも鵜呑みにしてしまうと失敗してしまうことがあるかもしれません。まずは、自分のやりやすい「型」を作ってトレーニングを重ね、少しずつ変えていくといった方法がいいと思います。 骨格は人それぞれで、フォームも人それぞれなんです。すべての人が理想の形にはまることは絶対ありませんよ(笑) ちなみにエチオピアの選手に言わせると、「なんで日本人は踵で着地してつま先で蹴るなんて効率のわるいことやってんの?」だそうです。あっちの人はつま先着地のつま先蹴りなんです。持って生まれたものの違いなんでしょうが、日本の実業団の選手のなかにもこの走り方を目標にしている人は、けっこういるみたいです。 ともあれ、まずは故障しないようにやっていくことが一番だと思います。

2人がナイス!しています

0

つま先で走るイメージは、短距離ですね。 かかとから着くということは、疲れを軽減するということですね。 長い距離で練習すると差が出てきます。強靭なバネがないとつま先はキツイと思います

0

元々、2足歩行の基本はヒールストライク(踵着地)です。踵で着地する事は自然な動きなのです。しかしスピードを上げれば当然フォアフットストライクになります。ところが日本人はこの踵着地が難しいのです。これは欧米人と違い骨盤形状が小さいため、(臀筋が小さい)お尻の筋肉で体を支えられず脚で支えてしまいます。所謂O脚に成りやすく、高橋尚子選手に代表されるようにピッチ走法になります。一方欧米人は臀筋が発達していますのでお尻で体を支える事が出来ます。ラドクリフやシモン選手の様にストライド走法になります。当然ヒールストライクはお手の物です。スロージョグやアップの時は踵から着地する事で体軸の筋肉やインナーマッスルが反応します。爪先で着地する事が楽だと感じられているのは、腰でバランスを取る(腹筋を使わない)事が楽だと脳が錯覚をしているためです。使いやすい筋肉を使う事が楽だと勘違いしているからです。この状態に慣れてしまうと腰筋緊張が強くなり膝などの脚関節にも負担が出ます。楽なトレーニングでは逆に意味が無い事を理解して下さい。ストレス(正の)があるからトレーニングの効果があるのです。

0

僕もこの前聞いたんですが、つま先から着地すると衝撃が一点からくるので膝の故障につながったりするそうです だから、かかとから走ったほうが良いらしいです