ここから本文です

ゴッホとゴーギャンは同性愛だったのですか?

アバター

ID非公開さん

2005/8/2604:39:15

ゴッホとゴーギャンは同性愛だったのですか?

閲覧数:
34,031
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/8/2700:46:40

違います。

ゴッホとゴーギャンが一緒に暮らしていた時、衛生費というものがありました。
娼婦に行くためのお金です。
どんなにお金に余裕がないときも衛生費は存在しています。

ゴッホは絵を描く友だちと仲良く暮らしたいと思っていましたが、複雑な性格の為なかなか相手が見つかりませんでした。ゴーギャンとの暮らしでも喧嘩が沢山ありました。ゴッホが耳を切ったのも、ゴーギャンとの喧嘩の末、彼が出て行ってしまうことの思いのぶつけ所がなく自分の耳を...

不器用な寂しがりやなゴッホと覚えてください。
精神もそんなに異常ではなかったようです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2005/8/2604:57:47

かもしんね.....................。
ゴッホの、女の絵あまり思いつかん。
どっちかというと
ゴッホがゴーギャンに入れ込んだんじゃないか。
ボードレールがランボー好きだったが拒否されて切れたみたいに...な。
ゴーギャンは女の絵ばっかり描いてるから
ストレートっぽい。
互いの才能に惹かれあう中だったはずが
おかしな雰囲気に。
それで悩んでだんだんおかしくなって
自分の耳切ったりの奇行に出たから
ゴーギャンドン引きして
タヒチに逃げた。
ゴッホは38歳でビョ~インでアボ~ン。
学校では教えてくれんがそういうことか。
若い芸術家が貧乏ゆえに寝食共にしたりしていると
そういうこともおきやすいのか?

アバター

ID非公開さん

編集あり2005/8/2615:45:24

違います。
ただのルームシェアです。
特にゴッホが金がなかったからです。
ゴーギャンは女好きです。
芸術家同士で生活したら
よりクリエイティブな作品が
できるのではないかと始めましたが
二人の個性がぶつかって
というか、ゴッホが精神疾患を患っていたので
とうていうまくいかず
耳を切り取ったところで別れました。

↑↓の意見はだたのあてこすりです。
ゴッホは浮世絵の絵で女性を描いてますし
女性を描いた有名な絵がない画家がゲイなら
大半の風景画家はゲイということになります。
また男性と同居がゲイなら寄宿制男子校の
生徒は全員ゲイということになります。
まったくあほくさい。

ゴッホはそもそも弟以外の誰とも付き合えない性質の人物で
普通の人間ではありません。
精神的に多くの障害を抱えていました。

アバター

ID非公開さん

2005/8/2604:49:10

多分、そうだったと思います。
でなければ一緒に生活しないでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる