ここから本文です

医療関係の方へ。術後1年後あたりから3年以上むくみやすい状態が続く。

ton********さん

2011/3/1918:57:20

医療関係の方へ。術後1年後あたりから3年以上むくみやすい状態が続く。

ネットで調べたものをコピペ。
『むくみまたは手術後に発生することが多いようですが、これは手術によってリンパ節と呼ばれる場所を切除したり傷つけてしまうことによって、本来の走路が失われることで起こります。
うまくリンパ液が流れないと、手術した側にどんどんリンパ液が貯留していきます。すると、リンパ液に含まれるタンパクが更に水分を引き付けるので(コロイド浸透圧といいます)、時には健康な側の体肢の数倍も膨れ上がることもあります。』

質問1

『水分をたくさんとって排尿する・塩分を控える・運動・リンパマッサージをする』
ことは、傷つく前のリンパ節が前提かもしれませんが、壊れた後のリンパ節にも有効ですか

質問2

傷つけられたリンパ節に対するリンパ回復改善策はありますか
それとも、リンパ節が傷ついた以上、一生むくみやすいハンデを追う状態のままですか

補足乳がんではありません。
顔の手術をしてから1年後あたりから、3年ずっと顔がむくみやすくなりました。
それでむくみの原因は顔の中にあるリンパが傷ついたからだと思うようになりました。
顔にもたくさんのリンパが流れていて、特にこめかみ付近の顔にもリンパがあるらしいですし・・
リンパを傷つけるのは、乳がんの手術だけなのでしょうか?
顔の手術ではリンパを傷つけないのでしょうか?
関係ないのでしょうか?

閲覧数:
523
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

doc********さん

編集あり2011/3/2315:17:28

乳がん術後のリンパ浮腫のことでしょうか。お困りの方はたくさんいらっしゃいます。浮腫だけでなく、浮腫がひどくなって炎症を起こすと痛み、発熱、皮膚壊死など大変苦痛を伴うことがあります。
必要性があってリンパ節を切除する、あるいはほかに切除しなければ治療できないものを切り取るときにリンパ節に傷がついた場合があると思います。
リンパ管を結んでいる中継点がリンパ節ですが、切除したあとは不完全ですが新たなリンパ液の流れができてくるので、運動やマッサージは決して無効ではありません。水分をたくさん取るというのは無関係です。塩分は控えたほうが無難です。医師よりも理学療法士や病院のマッサージ専門スタッフに相談するほうがいいかもしれません。
リンパ管・リンパ節を復元させる方法は今のところありません。リンパ管は体が吸収した栄養素とくに脂肪やタンパクを運搬しているので、脂肪の多い食品摂取をひかえることで、漏れ出てしまうのを多少へらすことはできます。

補足を読みました。
顔の手術でリンパ節・リンパ管が傷ついた可能性はあると思います。しかし、何が目的の手術か、手術術式は何か、により傷ついた可能性の度合いが大きく違います。担当医や美容外科医・形成外科医に相談するといいでしょう。

質問した人からのコメント

2011/3/26 00:24:28

感謝 同年代よりも顔がむくみやすく、年齢のむくみやすさ以上にむくむような気がしているんですよね汗
でも、現代の医学では傷ついたリンパ節を治すことは不可能で、むくまない対策しかないようですし、むくまないように運動したりしていきます・・
ありがとうございました☆

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる