ここから本文です

どうして、「チモシー牧草を主食にして、ペレットを副食にしろ」と言われるんでし...

ahe********さん

2011/3/2120:15:06

どうして、「チモシー牧草を主食にして、ペレットを副食にしろ」と言われるんでしょうか?
ペレットって、牧草を固めただけのものですよね?

閲覧数:
1,649
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lyn********さん

2011/3/2120:34:56

だけのものもありますが、だけではないものが多いです。
何しろ、味は相当違うみたいです。
チモシーとペレットの食いつきはまるで違います。

また、成分よりも、もっと大切なことがあって、うさぎの歯は成長し続けるので、たくさん咀嚼することが必要です。
野生下では、ペレットはなく、草ばかり食べていますので良いのですが、カイウサギはペレットばかり与えていると歯が削れず、とてつもなく伸びて、噛むことが出来なくなったり、口の中を傷つけたりします。
よって、ペレットではなく、チモシーを主体にする必要があるのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/3/2218:46:43

ペレットは牧草を固めただけのものではないですよ。
牧草以外にもいろいろな成分を固めています。それは栄養素であったり、固めるための物質だったりします。正直、この固めるための物質が怖いところで…。うさぎの体に良いのか不安になります。牧草や生チモシーが一番安全だと思います。

hak********さん

編集あり2011/3/2121:57:47

「チモシーを主食にペレットを副食に」
これは単純にペレットを食べ過ぎると肥満の原因になるからですよ。
ペレットは年齢別に
例えば成長期(生後半年程前まで)はアルファ牧草がメイン、それ以降の月齢はチモシーメインとなってるものがほとんどだと思います。
そこに年齢や用途に合わせた必要な栄養素がさらに加えられてます。
(つまり草を固めただけではないという事ですね、ただ最近はうさちゃんの用品のバリエーションも豊かになっているので牧草が食べれない子の為の草のみのペレットもあるのかもしれません、そこの情報は調べきれてません)
牧草は腸内細菌の安定、毛球を予防、歯の健康維持、ストレス解消の役割を持ちかつヘルシーです。
ペレットはチモシーでは補えない栄養素が入っている為食べ過ぎは肥満の原因になります、成長期以降は量を制限しなくてはいけません。
その事が「チモシーは主食」と捉えられる由縁だと思います。

正しくはどちらも主食なんですね。
ただごはんのあげ方は飼い主様、うさちゃんによって臨機応変に変わっていくものです。
その為に多種多様なペレットや牧草があるのでうまくバランスを考え調節していけるといいですよね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる