ここから本文です

白いシャツやカットソーの頑固な黄ばみを漂白したいです。ワイドハイターでは、落...

giz********さん

2011/3/2302:23:44

白いシャツやカットソーの頑固な黄ばみを漂白したいです。ワイドハイターでは、落ちないくらいのものですが、部分的にハイターを使用しても大丈夫なのでしょうか?プリントまで白くなったり、生地が傷ついたり

しないでしょうか?もしくは、ハイターではなく、良い方法を教えて頂きたいです。服が好きで、昔から気に入ってる服が黄ばみ取れず困っています。どうか、宜しくお願い致します。

閲覧数:
8,429
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mim********さん

2011/3/2308:32:18

柄物に塩素系のハイターは、駄目ですよ。ポチッと小さな点くらいのシミならば、薄めたハイターを綿棒に付けてトントンとやると言う方法ができなくはないですが、相当上手くやらないと、すすぎの際に周りが色落ちしますし、濃ければよく落ちるだろうくらいに安易に考えて、原液のハイターを掛けたりすると、逆に生地がもっと黄ばんだり、簡単にビリッと破けるくらい、痛んでしまいます。

それよりも、先にお風呂の温度よりちょっと熱いくらいのお湯と洗濯用固形石鹸で、泡をたっぷり立てながら揉み洗いして、よく濯ぎ、更にその後、50℃の温水に液体ではなく粉末タイプのワイドハイター(またはカラーブライト)を、「しみ抜き」の分量だけ溶かし、蓋をして1,2時間浸け置きしてから、よく濯いで干してください。石鹸で洗うだけでも、かなりきれいになりますが、その後酸素系漂白剤で漂白すれば、更にきれいになります。酸素系漂白剤は、液体よりも粉末の方がずっと漂白効果が高いですから、粉末タイプを使用できないウールと絹以外なら、液体じゃなくて粉末を使った方が効率的です。

これでもまだ落ちないという場合は、鍋で煮洗いするか、または重曹と粉末酸素系漂白剤をお湯で歯磨き粉くらいのペーストにしたものをシミの上に分厚く塗り、やかんで湯を沸かして、沸騰後注ぎ口から出る湯気を当ててやるという方法もあります(火傷に要注意)。

柄物に塩素系のハイターは、駄目ですよ。ポチッと小さな点くらいのシミならば、薄めたハイターを綿棒に付けてトントンとや...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pan********さん

2011/3/2302:31:32

素材によりますが、時間のたってしまった汗染みにはキッチンハイターが最強です。

水につけて固く絞ったタオルに、少しだけキッチンハイターをつけてトントン叩くようにしてみると、ワイシャツの襟元の黄ばみは一発です。
(その後すぐにたっぷりの水ですすぎます)

目立たない場所などで試してからどうぞ。

最悪どうしても落ちない場合は、染め粉を購入して染め直してしまうのも手です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

暮らしと生活ガイド

家事

  • 掃除
  • 洗濯、クリーニング
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる