ここから本文です

断層破断てなんですか

sof********さん

2011/3/2408:21:22

断層破断てなんですか

閲覧数:
201
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2011/3/2408:56:41

それまで固着していて動かなかった断層が、何らかのきっかけで固着がなくなって動き出すことで、これにともないて地震波が出て地震発生となります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ind********さん

2011/3/2419:31:02

take_m528さん の回答が正しいのかもしれません。 が、私は、次のように思います。

「もともと存在していた断層が固着していて、その断層の固着部分が壊れて、また断層が起きた」という意味で使っているのではないように思います。
普通、断層というと、地上、地上から見える地層のずれを言います。
そのほかにも、地上では見えない地下にだけ断層があると推定されています。

今回2011年3月に東北地方太平洋沖地震と言われる地震が発生しました。この原因を気象庁は、3月13日に「西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層」ができたためと解析しています。その場所は、三陸沖(牡鹿半島の東南東、約130km付近)、深さ約24km(暫定値)です。
筑波大学の八木先生は、「解析の結果、震源付近と福島県・茨城県沖に二つの大きな断層のずれを確認することができます。最大すべり量は23mにも達します。断層の長さは 約450 km x 200 kmとなり、岩手県沖から茨城沖までの広いプレート境界で大きなずれが発生していることが分かります。」と書かれています。 (私には【断層の長さは 約450 km x 200 kmとなり】の意味がわかりません)
http://www.jma.go.jp/jma/press/1103/13c/201103131830.html
http://www.geol.tsukuba.ac.jp/~yagi-y/EQ/Tohoku/

前に存在していた断層の固着面が破壊されたとは言っていません。 しかし、報道では「断層破壊」と言われています。
おそらく、地下の深いところにある岩盤などが、水平方向で長さ450km (深さ・高さ数キロメートル)の面が新たに断層を起こして破壊され、最大のずれ23m近くになったのではないかと思います。

スマトラの地震でも合計1300kmの長さになるいくつかの断層が起きたと言われています。
http://okwave.jp/qa/q6414506.html

今回の地震も、いくつかの断層が平行にいくつか、縦方向に連なるようにいくつかできたのでしょう、

全然回答らしくないですが、おそらく、「断層破断」という人は、『地震の結果断層ができた』のではなくて、『大きな断層がいくつも連続してできたので、大きな地震になった』ということを【強調したい】のではないでしょうか。
岩盤は硬いものですが、どこかが壊れるとそれが波及して次々と壊れる場所が広がっていくことがわかっています。 その時のエネルギーや振動が周りに広がって地震動を起こすのですが、震源の近くの少し離れたところの岩盤にも力を加えるので、(その元の断層からは離れたところでも)別の岩盤破壊が始まることがあります。この新規の岩盤の破壊が断層を作るまでの時間が、最初の断層ができたときから数秒以内であれば、別々の断層や地震動も、まとめて一つの地震として扱います。
半分壊れ懸かった岩盤が、1時間後、3時間後、1日後などに起きれば、本震と余震のように言い分けるのだと思います。

どちらにしても、断層破壊が、元からあった断層の固着が壊れたのか、壊れやすい岩盤(プレート境界は力が加わっているのでそうなりやすい)が新たに壊れたのかは、深い地下のことだし、事前調査ができていた訳でもないから、ちゃんとはわからない気がします。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる