ここから本文です

万葉集の歌意について質問です。 九三四番の 訓読 朝なぎに楫の音聞こゆ御食...

tak********さん

2011/3/2413:21:22

万葉集の歌意について質問です。

九三四番の

訓読 朝なぎに楫の音聞こゆ御食つ国野島の海人の舟にしあるらし

仮名 あさなぎに,かぢのおときこゆ,みけつくに,のしまのあまの,ふねにしあるらし

の歌意を教えてください。

閲覧数:
216
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

編集あり2011/3/2413:45:01

風が無い朝凪の中に船を漕ぐ舵の音が聞こえる。野島の海人の船の音だろう。

みけつくに、はここでは野島の枕詞のように使われていますね。
元々は天皇の食料を生産する国、という意味でしょう。野島からは魚を収めていたのでしょうか。

質問した人からのコメント

2011/3/24 13:51:29

わかりやすい回答ありがとうございます(´∀`)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる