ここから本文です

技術系公務員(職種は化学・環境)と弁理士とではどちらになった方がいいですか? ...

jgf********さん

2011/3/2515:41:37

技術系公務員(職種は化学・環境)と弁理士とではどちらになった方がいいですか?
またそれぞれのメリット、デメリットも教えていただけたらと思います。

例:デメリット 特に地方公務員は出世が見込めない(技術系公務員)、有資格者が飽和状態等(弁理士)

たくさんの意見をお待ちしております。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,433
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

typ********さん

リクエストマッチ

2011/3/2600:01:17

長く続けたいと思うのなら、技術系公務員(職種は化学・環境)です。財政破綻していない地方に限っては給与は少しずつ上がっていき、賞与も出ます。福利厚生も安定しています。女性であれば出産等で育児休暇を取得しても給与が減額されても支給されます。
弁理士の場合は異業種交流会やフェイスブック等で人脈を広げるところから初めていくことが良いと思います。自分を知って貰ってビジネスに発展していくこともあります。たくさん種まきをして自営業(事業主)として成功していけば、公務員の月給を2週間で稼ぐことも可能です。
給与は少ないですが公務員は長く勤めて長生きすれば共済年金が支給されます。会社員の厚生年金よりも多く支給されます。
弁理士は自営業(事業主)で休みなく働きつづければ年収800万以上を手に入れることもできます。ただし、国民年金なので老後を視野に入れて考えると貯蓄は多いほうが良いでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる