ここから本文です

フェミニストの女に限って、医者や弁護士は男を選ぶのはなぜですか?

nur********さん

2011/4/300:26:43

フェミニストの女に限って、医者や弁護士は男を選ぶのはなぜですか?

フェミニストにかぎっていざという時、自分の利害に直結する相手は男を選びますよね。例えば担当の医者、弁護士、上司、その他もろもろ。普段は女は最高とか言ってるくせに、なぜこのような時に「担当は女じゃなくて男がいい」と言うのでしょうか。なぜ女を信用しないのですか?辻褄が合わないじゃないですか。

補足>noradさん
実はバイク事故やりまして、手術するために帰ってきたら震災です

>女を信用しない
実力とかを勘案せず、頭から「女の人は信用できない」って言いました。この手の発言は複数のフェミ女から聞いております

>外国
一部の人からバックパッカーだと思われていますが商売で行ってるだけです。半駐在型の生活をしているので、自然と詳しくなります。尚趣味は比較文化と人類学、人種学です
>kumiさん
文字数が足りなくなりました

閲覧数:
821
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuk********さん

2011/4/615:08:08

今、原発にいる人たちは全て男性だと思います。もし違っていてもほとんどが男性でしょう。被災地で瓦礫を撤去しているのもほとんどが男性だと思います。

「雇用機会均等に反するから女も原発に行かせろ!」と抗議するフェミニストはいません。やはりいざというときは男なんです。男女は体のつくりが違うので、力仕事になると女性は男性にはかないません。だから完全な男女平等なんて空想のフィクションなんです。

普段から男女平等を叫び続けるフェミニストの方がそういう事情を一番よく知ってるんじゃないでしょうか?だから医者も弁護士も男のほうがよい、となるんだと思います。

質問した人からのコメント

2011/4/9 13:43:34

力仕事だけに限りませんね。性差に基づく平等というものを理解して頂きたいですね
>noさん
僕の持論、信仰心なくしてモラルなし、は中国にいればよく理解できると思います

>kuさん
仰る通り人間とは男女が揃ってはじめて完成する。だからこその役割分担と、その上での平等です。過去の反動とありますが、これは外国でのみ通用する言い訳です。日本は歴史的にずっと女を甘やかしてきたので、日本人の女がこれを言うのはおかしいのです

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kum********さん

2011/4/511:45:13

私は男女平等を望む者ですが、そこのところが貴方の仰るフェミ寄りの女性に映るかもしれませんので、質問者様の意見と擦り合わせながら考えを述べたいと思います。

ご質問の内容をまとめますと、質問者様の言わんとしておられるのは、
「フェミの女性は普段女権を振りかざしておきながら、いざという時は何で男性に頼るのだ。手前勝手ではないか。」
という事だと思われます。

かつて公に男尊女卑思考が通用しており、女性は弱者としての位置付けを長きに渡りされていたという背景があります。
現代は男女とも、弱者のまま権利を主張できるように基本的人権が保証されています。

なので、過去の反動も手伝い、勝手と言われようと、強者と目する者に頼るのは本能的な生き残りの知恵だと考えます。

>辻褄が合わない

同意です、覚悟の足りないフェミニストかもしれません。

誰しも、権利を獲得し行使するには、それにまつわる責任を果たし得るだけの能力を獲得しなければならないと思います。

自由や権利は初めからあるものではなくて、世の中を良くするために期待を込めて天から与えてもらっているのだと考えれば、欲得優先の利己主義にはならず、男女協力してやっていく姿勢に向かうのではと思います。

>なぜ女を信用しないのですか?

信用しない女性自身を振り返れば分かることです。私事を離れて仕事に集中できる環境にある女性がまだ少ないのと、自らの判断に自信が持てないのと。迷うくらいなら男性を選びましょうということです。
でもいざという時を真剣に考えるなら、実力があるかを調べるでしょう。

男女共、どう足掻いても不可能なことがあります。男性・女性単体でできることよりも男女で成し得る事の方が重要だと思います。辻褄が合わなくなるのは、単体で頑張ろうとして、行き詰まりを感じるとそうなるのでは。


ご質問の主旨に沿う回答ならば幸いです。

nor********さん

編集あり2011/4/614:21:55

nur_さん、こんにちは。おかえりなさい。主義主張はそれとして、戻ってきてくれて嬉しい気持ちです。

■フェミニスト‥一般的には、女性解放思想、あるいはその思想に基づく社会運動、「女」を取り巻く問題や現象から、社会や文化に通底するジェンダーの政治性を明らかにする理論の総称である「フェミニズム」の視点を持った人々や担い手を指す。「フェミニズム」が歴史的に一枚岩ではなく展開してきたように、「フェミニスト」も一枚岩ではなく、多様な思想や理論を導入し、多様な運動を展開している(出典:はてなキーワード)

>フェミニストにかぎっていざという時、自分の利害に直結する相手は男を選びますよね。例えば担当の医者、弁護士、上司、その他もろもろ。普段は女は最高とか言ってるくせに、なぜこのような時に「担当は女じゃなくて男がいい」と言うの?

鋭い指摘だとは思います。しかし、フェミニストが台頭し今なお在(あ)るということは、既得権益を手離すことを肯(がえん)じ得ない男性が主導権を握る現代、女性たる自らが強権を持つツールとしてそういった男性を選ぶのは自明の理のように思います。

>なぜ女を信用しないのですか?辻褄が合わないじゃないですか。

「女を信用しない」のではなく、「現世のシステム」を信用していないのでしょう。

ps:
全く関係ない話ですがnur_さんの他の回答を見て。プーケットは妻と新婚時代2人で行った土地の1つです。泊まったホテルの朝食が美味しくて良い思い出の場所です。貴方は本当に海外事情を知悉(ちしつ)していて、土地土地の事情を良く知っている方なのですね。親近感が湧きます。

ps2:
>実はバイク事故やりまして、手術するために帰ってきたら震災です
災難でしたね。震源地からなるべく離れた場所だったことを祈ります。お体自愛し養生して下さい。

≫女を信用しない
>実力とかを勘案せず、頭から「女の人は信用できない」って言いました。この手の発言は複数のフェミ女から聞いております

その発言が他でもない「女の人」からというのが皮肉ですね。男女が理解し合うには地道な対話が肝要だと思うのですが、お互い相応の努力を強(し)います。感情あっての人間ではありますが、理性をもってお互いが支え合い歩み寄れたらいいですよね。クミックさんがいつも言うように男女あっての世界なのだから。

≫一部の人からバックパッカーだと思われていますが商売で行ってるだけです。半駐在型の生活をしているので、自然と詳しくなります。尚趣味は比較文化と人類学、人種学です

どうりで博識なわけです。海外は私も好きで仕事でもプライベートでもよく行きます(知恵袋はその時お休みします)。若い時はマイレージが沢山たまりました。でもまだ192ヶ国全部は回れません(無理だ)。今年は中国北京と大連の予定。英語ほどではありませんが、一応北京語と広東語もかじってまして、先月は電子辞書の北京語ROMも買いました。3度目ですが今から楽しみです。外から見ると日本にいたら見えなかったものが見えてきます。この国が良くなり永劫繁栄してくれるよう何かできればいいなとよく考えます。

ps3:
ストーカー退治のマニュアルが存在します。いつかお渡しできれば幸い。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる