ここから本文です

古文―読み方。「桜てふ花」古文の現代語訳では「桜という花」になるのですが、この...

sho********さん

2011/4/611:02:31

古文―読み方。「桜てふ花」古文の現代語訳では「桜という花」になるのですが、この場合の現代かなづかいは、「さくらちょーはな」となるのでしょうか? 「てふてふ」では「ちょーちょー」と読みますと教わりましたが、意味と読み方を比較すると、どこかひっかかるのです。

閲覧数:
558
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

和田剛太さん

2011/4/612:31:07

仰るとおり、サクラ-チョー-ハナですよ。

質問した人からのコメント

2011/4/9 21:02:43

感謝 すっきりしました!ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる