ここから本文です

【一般人が宝くじを運営すると違法。ではこれは・・・?】

caprat78さん

2011/4/616:56:27

【一般人が宝くじを運営すると違法。ではこれは・・・?】

以下の事をお店や一般人がやったらどこまでが違法になるのでしょうか?
またどういった点が違法なのでしょうか?

とあるお店が1個1万円の福袋を発売。中身は・・・

●例1
80%が現金千円
20%が現金3万円
・・・という場合。

これは、やってる事が宝くじと同じだからこれは違法ですよね?では現金ではなくて商品券でもダメなのでしょうか?

●例2
80%が商品A(定価2000円。中古ショップに持っていったら千円で買い取って貰える物)
20%が商品B(定価4万円。中古ショップに持っていったら3万円で買い取って貰える物)
・・・という場合。

これは、商品Aが1万円の価値がないのですが、どうなのでしょうか?
お客さんの購入額より中身の価値が低ければ福袋として売ってはいけない?OK?
でも、コンビニの500円くじで末等を引くと100円位で売ってそうなしょぼい物が当たりますが、それはこの例2に当てはまらないでしょうか・・・。「福袋」ではなく「クジ」としての販売ならOK?

●例3(例2の中身を豪華にしたバージョン)
80%が商品C(定価2万円。中古ショップに持っていったら5000円で買い取って貰える物)
20%が商品D(定価4万円。中古ショップに持っていったら3万円で買い取って貰える物)
・・・という場合。

これは、よくある福袋ですね。これは合法ですよね。


特に例1と例2についての解釈を教えてもらえると嬉しいです

閲覧数:
2,254
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

t05011074さん

2011/4/1015:21:10

この場合は、福袋を販売するという行為に賭博罪もしくは富くじ発売罪が成立しないかどうかが問題となるわけですが、ここでいう賭博や富くじというのは、「抽選その他偶然的方法により、購入者の間に不平等な利益の配分を行うもの」とされています。

福袋の販売をこれに形式的に当てはめてみると、例の1~3はすべてこれに該当してしまうようにも思えますよね。
ただ、「不平等な利益の配分」とは、法律の解釈上、購入者の中に支払った金額より低い対価しか得られない人がいることを前提としているのです。

つまり、質問者様の言うように、お客さんの購入額より中身の価値が低い福袋(但し定価の合計額で計算)が一つでもあるならば、犯罪になりかねません。
したがって、この場合は、1万円以下の商品の入った福袋が含まれる例の1と2は違法ということになると思います。

もっとも、そうだとすると、質問文記載のコンビニの500円くじはどうなのかという疑問が出てくると思いますので、その点について説明します。

この点について、500円くじと福袋はたしかに似たもののように感じるのですが、500円くじは通常景品の一覧がくじの横に貼ってありますよね。
この「何が当たるかが分かっているかどうか」が、実はかなり大きな違いなのです。

また、500円くじの景品は福袋の中身とは違って、市販されているものが景品になっているということはないはずです。
納得しづらいかもしれませんが、分かりやすく言ってしまえば、500円くじの景品の定価は、1等のものも5等のものもすべて500円というのが建前なのです。

つまり、お客さんが500円くじを引くというのは、景品の一覧にある景品のうちのどれかを500円で買うという契約をしたということになるのです。
これが、当たるものとその値段がわからない福袋との違いではないでしょうか。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。