ここから本文です

何で鼻を『かむ』って言うんですか?

shestar_askさん

2011/4/812:46:00

何で鼻を『かむ』って言うんですか?

閲覧数:
6,020
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aznk29さん

2011/4/813:03:31

上のことを『かみ』といいます。
神も目上の存在だから『かみ』だし
髪も上のほうに生えている毛だから『かみ』なんですが
それは置いといて、

その『かみ』が動詞化したんです。
『(鼻を)かむ』以外にも『噛む』も『かむる(かぶる)』もそうです。

これらはみな、
何かの上に何かが覆いかぶさる様子を表す動詞です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai_kurotaさん

編集あり2011/4/1002:23:40

鼻をかむは、「洟」、「擤」と書きます。

現段階では、語源は不明です。

平安時代の漢字辞書『和名類聚抄』には、「「洟」。 (中略) 俗に云うハナカム。 手を以ってハナミヅを去る也」と書かれています。

江戸期の俗語辞典『俚言集覧』には、「かむ」の項に、「涕(はな)をカムのカムは噛が如くする意也」という語源解が示されています。

この辞典では、鼻をかむというのは「歯でものを噛むようにする」という意味であるとして、この語を「噛む」と同語源と見なしています。

源と見なしています。

しかし、平安時代の資料によれば、鼻をかむの頭音「か」と、口で噛むの「カ」は、違うアクセントで発音されたことが知られます。

二つの「かむ」のアクセントは異なっていたことになるので、両者の語源を同じと見るのは妥当でありません。

そういうわけで、現段階では語源は不明だそうです。


「上(かみ)」と「神(かみ)」は、現在のひらがなでは、どちらも「かみ」と書きますが、上代の「上(かみ)」の「み」と、「神(かみ)」の「み」は、発音もかなが異なっていました。

ですから、現在では、別の語源だといわれています。

kikero33さん

2011/4/812:57:07

はっきりわからないようです。以下、参考まで。
hyszem.exblog.jp/6905367/

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。