ここから本文です

核実験全面禁止条約機構(CTBTO)準備委員会の発表について

pal********さん

2011/4/818:53:08

核実験全面禁止条約機構(CTBTO)準備委員会の発表について

「福島第1原発の放射性物質が、核実験監視のため世界63カ所に設置している観測施設のうち、30カ所以上で検出された」
とのことですが、どうして福島のものだと特定できるのでしょうか?自然界には、放射線はあっても、放射性物質は皆無なのでしょうか。

閲覧数:
273
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bre********さん

2011/4/819:15:57

自然界にある放射線は、主に、自然界にある放射性物質が発しています。
「福島からの物だ」と特定した理由は、自然界にあるものを差し引いた結果、福島原発事故以降に急増したから・・・という事でしょう。
彼等の見解は正しいと思います。

質問した人からのコメント

2011/4/15 07:54:14

降参 なるほど・・・放射性物質の量を見れば、その差は歴然、ですよね。
ありがとうございます。もう一方も、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mac********さん

2011/4/819:52:32

たしかに自然界に放射線は実際存在します。

噴火の多いところや地震の多い地域は他に比べて強めに検出されますし放射線を発生させる天然鉱物がむき出しになっている所も多くあります。

この機構がどのような分析方法を使っていてこの事故の前に比べてどのくらい多くなったのかは明確にされていません

デマではないと思いますが発言の内容をよく聞いて理解し判断することが大事だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる