ここから本文です

試用期間から正社員になり時給値下げについて

tot********さん

2011/4/1618:44:45

試用期間から正社員になり時給値下げについて

三ヶ月間の試用期間を終え正社員になりました。
そして試用期間・時給1000円から時給840円。

会社の言い分は時給1000円から健康保険料と厚生年金を時給から引いているので840円に値下げになると言われました。
給料明細に一切記載されていません。説明もなし

手当てなどを足した給料からも健康保険料と厚生年金は引かれています。

時給(基本給)の値下げの840円で残業代は計算されています。
このような形で、健康保険料などを二重に引くことは可能でしょうか?

閲覧数:
697
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/4/1619:47:02

問題点を整理しますと、

1 入社された時に会社から労働条件通知書などをもらいましたか。
労基法では、会社は労働者を雇用した際に給料などの労働条件について明示した文書を渡すことが義務付けられています。

2 時給下げについて
時給下げは労働条件の変更ですが、労働契約法では会社とあなたの合意が必要であり、一方的に勝手に変更することはできません。

3 健康保険と厚生年金について
健康保険と厚生年金や雇用保険の保険料は本人負担分と会社負担分がありますが、会社が本人負担分を給料から天引きして給料明細書にその内容を記載する義務があります。会社が給料明細書に記載しないことは違法です。
健康保険被保険者証を会社からもらっていますか。もらっていなければ、健康保険と厚生年金に未加入と思われます。

4 健康保険料などを二重に引くことは可能でしょうか。について
事業主負担分は会社が負担すべきものです。
時給を下げてその差額を本来、会社が負担すべき分にあてていると思われますが、形の上では、会社が事業主負担分を払っていることになるので、二重控除にはなりません。

● あなたの承諾を得ないで会社が時給を1000円から840円に下げていることが大問題なのです。
時給引き下げの理由が、社会保険料の事業主負担分を労働者に肩代わりさせるためというのは、到底認められるものではありません。

労働基準監督署に相談されることをお勧めします。

質問した人からのコメント

2011/4/17 17:01:23

降参 ありがとうございました。
正直、会社の行動が???です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる