ここから本文です

感染症のある方の食器などの洗浄について

sor********さん

2011/4/1622:02:49

感染症のある方の食器などの洗浄について

特養やデイサービスなどで仕事をされている方、感染症をお持ちの利用者の食器や歯ブラシはどのように扱っていましたか。例えばB型肝炎やC型肝炎に感染している方の場合、他のかたの物と別に回収したり、別に消毒したりしていましたか?それぞれの場所でやり方が異なっているようで、どのようにするのが一番よいのか悩んでおります。ぜひ、教えていただければと思います。

補足たとえば、実際に血液が付着している食器があったとしたら、どのように消毒しますか?次亜塩素酸ナトリウムが有効とのことで、流水で洗浄してからハイターを5ℓにつき50mlの割合(ハイターの食器消毒の基準)の溶液で1時間浸すことで大丈夫でしょうか?

閲覧数:
11,540
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アッサムさん

編集あり2011/4/1909:52:49

常識的な社会生活を心がけていれば、日常生活の場でB型肝炎ウイルス及びC型肝炎ウイルスに感染することはほとんどないと考えられています。

なお、下記のような場合にはB型肝炎ウイルス及びC型肝炎ウイルスは感染しません。

B型・C型肝炎ウイルスに感染している人と握手した場合
B型・C型肝炎ウイルスに感染している人と抱き合った場合
B型・C型肝炎ウイルスに感染している人とキスした場合(唾液では感染しません)
B型・C型肝炎ウイルスに感染している人の隣に座った場合
B型・C型肝炎ウイルスに感染している人と食器を共用した場合
B型・C型肝炎ウイルスに感染している人と一緒に入浴した場合

感染は血液を介するため、B型・C型肝炎ウイルスに感染している人が怪我をしていて出血していた場合などは注意が必要ですが、それ以外の部分ではそこまで神経質になることはありません。

逆にそれらの知識を職員が持っていないと、必要以上に特別扱いしてしまい、それが感染者の差別につながったりもします。

歯ブラシなども一緒に回収し消毒して問題ありませんが、歯ぐきからの出血の可能性もあるため、洗浄する際はゴム手袋をするなどの配慮は必要でしょう。

気を使う部分、使わなくてもいい部分を明確に理解ししておくことが重要です。


補足回答

食器の消毒についてはその対策で十分すぎるほどです。ただ、一番重要なのは血液に直接触れないようにすることです。食器を洗う際に素手で洗ったりしていては逆に上記の対策をとっていても何の意味もありません。必ず血液の付着した物に触れる際は使い捨てのゴムやプラスチック手袋を使用するようにしてください。

質問した人からのコメント

2011/4/21 14:04:40

感謝 丁寧で解りやすい回答をありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる