ここから本文です

簿記の問題です。

dkt********さん

2011/4/1713:36:30

簿記の問題です。

簿記での元入れとはどんなものですか?

資本金=元入れとは違いますか?

損益計算書、貸借対照表をつくる時、元入れはどこに記入しますか?

「現金¥1,000,000を元入れして開業した。」
と問題に書いてあるのですが、わかりません…

というか、質問の仕方がわかりずらくてすみません。
何方か回答よろしくお願いします!

閲覧数:
18,491
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oga********さん

2011/4/1804:49:29

簿記で言う元入れとは、開業時など、資金が必要となる場合に備えて、軍資金として自由に使用できるようなお金を入れることです。
よって、元入れは個人企業の場合、「資本金」から直接抜きますので、資本金から相当額を控除して、たとえば質問の場合、
(借)現金 1,000,000 (貸)資本金 1,000,000
となります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「元入れとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tie********さん

2011/4/1713:45:14

元入金 というのは個人事業者の資本金のことです。
期首資本+当期純利益(または損失)=期末資本=元入金です。

法人の場合は、資本金という名称は増資・原資・開業した時に使うものです。

mwq********さん

2011/4/1713:39:07

合ってますよ
現金/資本金の仕分けになります。
つまり現金と資本金が両方増える仕分けです。
なので貸借対照表に記入します。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる