ここから本文です

バイクの長期保管でガソリンは腐るから抜いた方が良いと教えていただきましたが,...

tii********さん

2011/4/1923:49:57

バイクの長期保管でガソリンは腐るから抜いた方が良いと教えていただきましたが,エンジンオイル等のオイル系統も抜かないと腐るなどの問題は起きるのでしょうか?

閲覧数:
3,408
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hen********さん

2011/4/2000:06:00

長期保管の期間にもよりますが、ガソリンは満タンにしておいた方がいいです(給油口スレスレまで)。
ガソリンタンク内が錆びてしまうからです。
錆びたら、詰まったり異物が混入したりで面倒なことになります。
カラでも半分でも錆ます。
保管料ということで考えれば納得がいくかも。
でも、キャブレター内のガソリンは抜いたほうがいいです。
燃料コックをOFFにしてエンジンをかけたままにするか、抜いてください。
キャブが腐ります。

エンジンオイルですが1年以上保管するなら、交換してから乗ればいいと思います。
腐らないけど、劣化しますので。
抜きとり保管はしなくてもいいでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gen********さん

2011/4/1923:55:52

自分の経験上、どちらかというと保管前に抜くより、長期保管後にガソリンを抜いて入れ替えて、オイル交換もしたほうがいいと思います。
タンクやエンジン内部を空にするより、液体で満たしてた方が錆等も出にくいと思いますから、保管から改めて乗る時に入替えがいいかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる