ここから本文です

この記事は本当に記載されていたのでしょうか? 嘘っぽいけど見たことのあるかた...

mok********さん

2011/4/2210:36:02

この記事は本当に記載されていたのでしょうか?
嘘っぽいけど見たことのあるかたいますか?

1-7 米国ブッシュ政権のエネルギー世界戦略の脅威
月刊誌「財界展望」2002年11月号に看過できない記事が載った。

その記事とは「日本の電力事業政策を操るCIA対日工作の全貌」である。ところで、CIA(米国中央諜報局)はロックフェラー財閥(米国石油資本)の別働隊といううわさもある。なぜなら、ロックフェラー財団はCIAに多額の寄付金を拠出しているからだ。本記事によると、CIAの日本エネルギー事情の調査レポート(2000年2月)には以下のような提言がなされているそうである。
「日本の国力をこれ以上強大化させず、かつ将来に渡って反米化させないようにするためには、長期間に渡りエネルギーセクターで、日本に手錠をかけるかのように封じこめておく必要がある。日本の原子力発電は既に電源の3割以上を占めている。そこで、日本の原子力技術を支配する東京電力のパワーを削いでおくのが効果的である。東電は日本一の資産企業で、経済界、財界をリードする有力企業である。また、国民からの信頼も厚い。日本の核武装化を阻止するには、東電の信用を失墜させ、凋落させることにより原子力発電技術開発を大幅に遅らせる必要がある。」
東電もワシントンに事務所を構えて、ロビー活動を行っているにもかかわらず、CIA対策は成功していないようである。CIA諜報員は総じて事大主義者集団であり、その提言をその時々の大統領がどう受け止めるかで、米国の覇権戦略が決まるわけだ。米国民主党政権であれば真に受けないであろうが、ブッシュ共和党政権は違う。このCIAの提言を受け入れるであろう。なぜなら、9.11テロによって共和党内で発言力を高めたブッシュ政権の新保守主義者(ネオコン)は、原子力発電技術を軍事用原子力技術の応用分野として重要な覇権技術と位置づけているからだ。

閲覧数:
384
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/4/2210:47:35

そもそも読売の正力と中曽根が原発を日本に持ち込んだのもCIAとのつながり・・・。正力、中曽根、CIAde検索すればいくらでも出てきますよ

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nek********さん

2011/4/2221:25:22

http://www.youtube.com/watch?v=AoOp-VBgMNg&playnext=1&list=PLBC168D...
↑この方、このインタビューの半年後、膀胱癌で亡くなったそうです。

2011/4/2210:42:10

月刊誌「財界展望」2002年11月号に掲載されていたそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる