恋愛においての倫理観。 はじめて質問します。私が真面目なだけかもですが。 通常人は物事に対して論理的に考えて正しいと判断した行動をとるものですよね。 道端にゴミを捨てないとか、あいさつされたらかえすとか。

恋愛においての倫理観。 はじめて質問します。私が真面目なだけかもですが。 通常人は物事に対して論理的に考えて正しいと判断した行動をとるものですよね。 道端にゴミを捨てないとか、あいさつされたらかえすとか。 正直、この程度の問題なら、誰の目から見てもゴミを道に捨てるのは悪いこと、あいさつ無視は悪いことだとわかるでしょう。 でも、恋をすると判断力が鈍り、時に他人から見ても異常といえるような思考・言動をともなう場合があります。 友人が、今そうなっているのです。 知人の彼氏を好きになり、その知人から略奪をはたらこうとしています。 知人と彼氏はちょっと前までは本当に仲が良く、何の心配もいらなかったのですが、最近は少し摩擦が生まれていると聞きました。 これは明らかに友人のせいなのです。 他人の彼氏をとるということは、私にとっては正直信じられない行為です。ドン引きしています。 「ゴミを道端にすてること」と同等程度当たり前に悪いことでしょう。 世間ではよく聞くことですが、恋している本人は、このことに気づかないのでしょうか?ちょっと知人の身になってみれば、彼女が今どれほど傷ついているか想像できないでしょうか。 「恋は盲目」という言葉は本当に便利ですが、私には恋愛によって鈍った倫理観を肯定しているように聞こえます。 私自身は今彼氏はいませんし、思考は「素面」な状態なので、このような考え方全く理解できません。しかし以前彼氏がいたときもこんな感じの感覚でした。 恋愛とは、他人から見てどう考えてもおかしいと思うことにすら感情を制御できなくさせる、麻薬のようなものなのでしょうか。 恋愛という、普段以上に判断力が求められる場合こそ、冷静に、周りの人の気持ちを思いやることが必要だと思いますが。他人を傷つけてまで得る幸せを享受できるなんて、どうかしているとしか思えません。 「恋愛」中なら、自分の幸せのために、他人を泣かせられますか。自分で定めた道徳律を曲げるものですか。 恋は戦争だといいますが、他人の気持ちを思いやれなくなる、という意味なら、まさに。ですよね。皮肉です。

哲学、倫理2,025閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

僕もそんな簡単には割り切れない話だなと思います。横取りだと言いますけど、例えばある男の子に片思いしてる女の子二人のどちらかがその男の子と恋仲になれば、取り残された方からしたらこれも場合によっては横取りになる、先を越された子の気持ちの問題であって正しい間違いの理屈ではありませんから。 ご友人の好きな気持ちは悪くないでしょう。それに好きな人にアプローチする事だって悪い事じゃない。ただ相手に恋人がいるというだけでご友人の何が悪いのでしょうか。相手の彼女の気持ちを考えていないと言うなら、それはご友人ではなくその知人の彼がシッカリ興味無いという態度を示して安心させてあげればいいだけの話でもある。また最近その二人の関係がこじれているのはご友人のせいだけではなく、その恋人関係の二人がこの問題を二人で話をしたり、お互いの気持ちを確認して的確に対処していない可能性もあるのでは。そう簡単に対処できる問題でもないでしょうけど、恋人になればこれができないといけないわけです。 勿論、ご友人にも悪い面というのかだらしない面があるのかもなと思います。もっと違う状況で、もっと泥沼状態なのかもしれません、好き勝手言っておきながら自分の意見が合っているかもわかりません、それでもどうあっても重要なのは相手が誰であれ自分の好きな気持ちを捻じ曲げてはいけないという事だと思うのです。こんな状況でも気持ちに正直である事は大事だと思います。 恋ってそんな倫理観や道徳観の通りに奇麗に済ませられるものじゃない事はもしかすると質問者さんもお気付きなのでは?と思うのですが、そのご友人の男性に対する気持ちも、その知人の女の子の男性に対する気持ちも比較にならないほど大切な気持ちですから、相手に恋人がいてもそれだけご友人には誤魔化せない思いがあるんだと思うのです。自分の気持ちを大切にできなかったら他人を大切にする事もできません、ここに嘘をついたまま誰かと付き合っても結局は上手くいかないんです。誰かを泣かせてでも踏み越えていかなければいけない時が世の中他にも沢山ありますよ。道徳的行為、良識ある行為ができるかどうかはその大切な気持ちを受け入れた先の話になるんじゃないかと思います。 あなた自身も戸惑っているのだと思いますが、他の方が仰るようにご友人を受け入れ寄り添われてはいかがでしょうか。そして厳しいなとは思いますがちゃんと決着がつく形でご友人の恋が成就したなら祝福してあげて下さい。キチンと話をつけてご友人の恋が破れたなら精一杯慰めてあげて下さい。 十代の頃の僕も質問者さんと同じような感覚を持っていました、相手に悪いと遠慮してはばかる気持ち。優しいと言えば聞こえは良いがそうやって自分の気持ちに向き合おうとせずに大切なものを見失ってばかり。結局、大好きだった子は離れていきました。それだけじゃ恋はできないと知りました。それは恋だけじゃなく、結局は家族との関係でもそうだし、友達関係でも同じ、生き方にさえ影響を与える。理屈じゃなく本音なんです。正直そういうの僕は今でも下手ですが分かっている分だけ意見してみたいと思います。 皆の納得できる形に上手く収まるといいですね。 あなたとご友人のご健闘を祈って。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様本当にありがとうございます。全員BAにしたいほど! 確かに友人のことを思いやること、忘れていました…。 そして自分の未熟さを知るとともに、燃え上がるような恋へも憧れてしまいました。

お礼日時:2011/4/24 15:42

その他の回答(3件)

1

恋愛が社会の安定を脅かすものであることは確かです。 でもちょっと待って下さい。 好きな人同士が付き合うのが恋愛ではないでしょうか。 他人の彼氏を取ることが悪いというのは恋愛の本質からすると意味不明なルールです。 人を好きになるというのは本人の意思で行っていることではありません。 あなたは恋愛というものを誤解しています。 自分の意志でコントロールできるようなものは恋愛でも何でもありません。 恋愛を諦めることならば自分の意志でできるでしょう。 でも、恋愛そのものは自分の意志で制御できるようなものではありません。 恋愛というのは本質的に反社会的な存在なのだと思った方が良いです。 まともな恋愛ほど、親は反対したくなるのが普通なのです。 あなたが言っていることは社会の常識ですが、恋愛そのものを否定する理屈でもあるのです。 あなたの発言は、「人を好きになってしまった人」が傷ついても構わないと言っているだけです。 泣いてあきらめなさいと言っているのです。 あなたこそ、友人の気持ちを思いやれていないのではないかということは考えた方がいいでしょう。 ここまで読んだあなたは、「そんなことを言われても困る」と思ったのではないかと思います。 恋愛というのは長い歴史の中で、必ずしも歓迎されないできたものなのです。 愛し合っている二人の結婚に反対する親は決していなくならないでしょう。 それは恋愛というものが本質的に反社会的なものだからです。 道徳を大事にするあなたにとってはとても良いものだとは思えないでしょうね。

1人がナイス!しています

0

恋の渦中にあるあなたたちには失礼かもしれないが、私はあなたの文章を拝見し、おもわずニヤッと笑いがもれました。 恋を達観した者として、というよりいまだ恋の炎をくすぶらせている者として、ここは一つ偉そうなことを言わせていただきます。 とおい昔より、語り継がれてきただけでもさまざまな恋があった。人には人それぞれの恋があるといってもいい。 しかも、恋は理性の上に芽生えるわけではない。人間のもっともっと深いところに根付いている。したがって、時として恋にはその者の本性が露見する。 恋は盲目のみではない。恋は狂気。恋は怨み。恋は憎悪。恋は嫉妬。恋は猜疑。恋は苛立ち。恋は毒薬。・・ ひとたび恋の炎に焼かれると、その者は少なくとも情念の世界において、平凡な10年分が短縮され、濃縮されて襲ってくる。まるで嵐のような日々を迎えることとなる。 嵐は、そういつまでも続くわけではない。いつかは過ぎ去り、明天が戻ってくる。 恋にもそれと同じことが言える。恋にはえてして摩擦や軋轢や確執が付きものだ。しかし自分も恋を体験すると、人はわりと他人の恋に寛大になれるものである。嵐が過ぎ去ると、また違った目で嵐を眺められるのと同じように。

0

質問者サマの考えには賛成です。 横恋棒するのは「いけないこと」だと思います。 けれど、それは質問者サマ自身の信念、というかルールとして、自分がしなければいいだけで、人にまでそのような感情を持ってしまうことには賛成出来ません。 >恋している本人は、このことに気づかないのでしょうか? 気付いていると思います。そして、何度も諦めようとしたかも知れない。 毎晩人知れず泣き明かしているかも知れない。 質問者サマから見れば、自業自得となるのかも知れませんが、人間には質問者サマのように、しっかりとした信念と強い理性が働く人ばかりではありません。 気持ちが理性を越えてしまう時もあるかも知れません。 だから、浮気も成り立つし、ダイエットだって食べ物の誘惑に負けて失敗する人もいるんだと思います。 犯罪と違って「法」と言うブレーキがないので、自分でブレーキをかけるしかないのですが、ブレーキにも強い人、弱い人、色んな個性があります。 質問者サマが友人として、お友だちに説得したり忠告したりするのは構わないと思います(盲目になっていれば耳を傾けてはくれないかも知れませんが…)。 が、その時でも質問者サマのように、否定一方の考えでは、無駄な反発を生むだけだと思います。 質問者サマのように強くない人もいるし、人間の弱さが出てくる時もあります。 横恋棒を憎む気持ちは否定しません。 が、弱い人間もいて、自分を基準に考えられないこともあると思います。 せめて友人であるあなたが、そのお友だちの弱い部分も理解して、その上で相談にのるなり、止めるなりしてあげて下さい。