ここから本文です

腹式呼吸と胸式呼吸の違いを教えてください。 腹式呼吸はお腹をへこませるとい...

lan********さん

2011/4/2518:32:55

腹式呼吸と胸式呼吸の違いを教えてください。

腹式呼吸はお腹をへこませるということですが、肺に空気をたくさん入れることにより横隔膜が下がり、 お腹がへこむということですよね。

胸式呼吸と腹式呼吸の違いは何ですか?
胸式呼吸は肺活量を鍛えるためにやるものでしょうか?

よろしくお願いします!

補足横隔膜の動作はお腹のへこみ具合でわかるんですか?呼吸はどこを意識してやったらいいのでしょうか?肺?肺を下まで広げるイメージで吸う..肺を縮めるイメージで吸う..といった感じですか?胸式呼吸は腹式呼吸と同じ理解ということでいいですか??

閲覧数:
43,900
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

keh********さん

2011/4/2522:01:49

これ、実は違いはあまりないのです。
肺に息を取り込むのは、まず肺を囲んでいる胸郭を拡げ、肺の下で支えている横隔膜を下げることによって、肺の周りの圧力を下げ、それにより肺が膨らむと、肺の中の気圧が下がり、口や鼻から空気が肺に入る、という方法なんです。これは日常生活においてもみなさん、普通に行っています。
問題は、その後、息を出すことですが、拡げた胸郭を縮め、横隔膜を上げて息を出す訳ですが、これも普通は力を抜くことによって、両方とも日常で行っています。ところが、特に胸郭を縮めることは、その縮めるスピードなどがコントロールしにくいので、息のコントロールが必要な場合には主に、横隔膜を使うのです。これを一般的に腹式呼吸と呼んでいます。それに対し、横隔膜を使わず胸郭だけでコントロールしようという呼吸法は特にないので、腹式呼吸に対する胸式呼吸という言葉はあまり使いません。

さて、横隔膜を下げるとお腹がへこむとありますが、これは逆です。横隔膜が下がると、内臓を下に押すことになり、そのためにお腹が膨らむのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ssi********さん

2011/4/2523:30:51

肺には筋肉が無く、肺を動かす筋肉は、2種類あります。
お腹にある横隔膜という筋肉。これを動かすのが腹式呼吸。
肋骨を上下させる筋肉。これを動かすのが胸式呼吸。

単純に言えば、横隔膜を動かして呼吸するのが腹式呼吸(お腹が動く)ですが、音楽での腹式呼吸は、もうちょっと条件があります。

肋骨を持ち上げて、肺の上の方は、いつも膨らませています。
肺を動かすには、横隔膜だけで行ないます。
肋骨を動かす筋肉を動かしたら、胸の形が変わります。
歌でも吹奏楽器でも、胸の形が変われば、音色が変わってしまいます。
音色を変えないように呼吸するために、お腹を動かす呼吸方法である、腹式呼吸を行ないます。


腹式呼吸は、「肺活量を鍛える」ではありません。
肺活量は、肺の動きによって、何リットルの空気が出入りするかです。
肺を膨らませた状態から、息を最後まで吐いたら、何リットルの空気が出るか、これが、肺活量です。
「鍛える」とは、筋肉ですから、例えば「固い風船を膨らませる力」や、「長いストローでジュースを吸い上げる力」です。
ただし、吸い込む力は、肺の吸う力というより、実際は、舌の力を利用します。
(ssiq160)

fuk********さん

編集あり2011/4/2523:14:27

君が質問している文章、
「腹式呼吸はお腹をへこませることですが、」
これは間違いです。
次に
「肺に空気をたくさんいれることにことにより・・・」
これも誤りです。
「胸式呼吸は肺活量を鍛えるためにやる」
これも間違いです。
君が言っていることは全部間違いですよ。
肺には筋肉が無いので自分で動くことは出来ません。
例えれば肺はゴム風船みたいな物ですよ。風船は自分で膨らむことは出来ないでしょう。
でも、ゴム風船を膨らます方法は二通り方法があるよね。1つは吹き口から息を吹き込む。もう1つは風船に陰圧をかけることです。
人間の肺の場合も同じで、人が死にかけた時にやるマウスツウマウスがあります。呼吸ができなくなって死にそうな人に直接誰かが口移しに陽圧的に空気を入れる場合です。
本題ですが、
腹式呼吸は横隔膜を下げることで肺に陰圧をかけけ空気を入れ、押し上げて陽圧で空気を出すことです。
胸式呼吸は12本ある肋骨のうち胸骨に接着していない11番目と12番の遊離肋骨を広げることで肺に陰圧をかけて空気を入れ、狭めて陽圧をかけろことで息を出す、ということですね。
もし、これでわから無い所があったら補足でお尋ね下さい。出来るだけお答えします。
補足をうけて
上の文章にも書いたように、肺には筋肉が無いので肺を下げるとか縮めることは全く出来ません。胸式呼吸と腹式呼吸は全く別物です。同じと理解してはいけません。肺を膨らませたり収縮させるという働きにおいては同じです。
分かりやすく言えば最近の事例で言えば電気を発電するのに石炭を使うか核物質を使うかの手段の違いですね。
もう一度良く読んでまた分からなければ、補足の追加をしてください。
何度でもお答えしますよ。
人間で一番大事なことは呼吸ですからね。
呼吸ができなきゃすぐ死んでしまいますから。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる