ここから本文です

チェルノブイリ原発事故で小児甲状腺がんが多発した原因を詳しく教えてください。

jhm********さん

2011/4/2612:32:56

チェルノブイリ原発事故で小児甲状腺がんが多発した原因を詳しく教えてください。

チェルノブイリでは汚染された牛乳を、汚染されていない牛乳と混ぜ薄めて飲めば大丈夫だといって、子供たちに飲ませていたため、小児甲状腺がんが増えたと聞きました。その牛乳を飲まされた子供達は、原発近くの被曝者で、汚染地帯に住んでいた子供達だったのしょうか?それとも原発周辺地域ではない子供たちに飲ませていたのでしょうか?それとも両方でしょうか?
原発から離れた放射線が関係ない子供たちが、汚染牛乳を飲んで内部被曝し多発したというなら、内部被曝は本当に怖いと思いました。

汚染された牛乳以外にも、肉や野菜も食べていたのではないかと思われますが、なぜ牛乳だけが取り上げられるのでしょうか?

汚染された牛乳を、組織的に飲用させていた事実が明らかに判明したため取り上げただけのことでしょうか?

それとも汚染された食品の中でも、牛乳は野菜や卵、肉、魚の中で、最も汚染濃度が高かったということでしょうか?

また肉、魚、野菜などで、放射性物質がたまりやすい部位、たとえば、魚なら骨や内臓とか、肉なら脂身とか(全く分からず書いてますが・・)はあるのでしょうか?

現在福島の避難区域外で放射性物質の測定値が比較的高い内陸に在住です。

長崎では半減期の長いプロトニウム爆弾が投下され、地獄のような数多くの被爆者の苦しみがあったものの、復興を果たし、現在は農業や漁業もできて普通に生活されているのだから、長期に渡る、低放射線量での生活は大丈夫かな、
チェルノブイリとは放出された放射性物質の量が違うから安心かなと思っていました。
しかし、半径20キロ圏外も意外に土壌汚染があるにも関わらず、国は作付を許可し、こんな状況なのに地産地消を唱える学校に
恐怖を感じ始めています。

福島の子供たちが第二のチェルノブイリの悲劇となってしまうのか、関東圏の方々よりも不安は切実です・・・
子供がいるのに、事情により福島を脱出できない人々のためにも、もし参考になる本などをご紹介いただければありがたいです。

閲覧数:
3,757
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wot********さん

2011/4/2622:33:42

「まだ、まにあうのなら」(月刊「湧」増刊号 1987」地湧社)には、食物連鎖や放射性物質の種類による影響を紹介されています。詳しくは分かりませんが、食物連鎖で蓄積されたものの事例として、牛乳が取り上げられたのではないでしょうか?

>アメリカのコロンビア川での濃縮データを例にとりますと、川の水の中の放射能を1とすると、プランクトンで二千倍、それを食べた小魚が一万五千倍、小魚を食べたアヒルが四万倍、水鳥の卵が何と百万倍にもなるのです。その卵を食べた人間は果たして?・・・・どうなるのでしょう。

>こうして体内に放射性物質が取り込まれると、さまざまな部分に蓄積し、放射線を出し続けて、細胞を破壊します。
・のどの甲状腺にはヨウ素131が蓄積し、甲状腺ホルモン障害を起こします。半減期は八日。
・肺にはプルトニウム239が蓄積して肺ガンになります。半減期は実に二万四千年と途方もなく長い年月です。その間ずーっと、最初のときの強い放射線を出しつづけるわけです。
・骨にはストロンチウム90が蓄積されて、白血病を起こします。半減期は28年。
・肝臓にはコバルト60---肝臓ガンになります。半減期は5年です。
・生殖腺にはセシウム137が蓄積し、不妊になったりホルモン障害を起こしたり、生まれた赤ちゃんは重い障害をもちます。

一番恐いのは、線量ではなく、放射性物質の種類、そして内部被爆だそうです。

対策として・・・書籍ではありませんが、参考になりそうな文章を紹介しておきます☆+゜

☆飲料水の放射線対策
http://happy.ap.teacup.com/applet/musubi/20110326/archive
あと、ページは忘れてしまいましたが、浄水器も汚染が付着したほこり等の除去に、無いよりマシとのこと。飲むのは恐いですが、洗浄用にはよいかもしれません。

☆放射能汚染から身を守る為の知恵~塩、味噌が身を守る!
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=247376

質問した人からのコメント

2011/4/27 09:15:31

食物連鎖によって放射性濃度が非常に高まった牛乳を子供達がずっと飲み続けたたために、影響がでたんですね。他の回答者からもご回答いただきましたが、半減期にようる減少が追い付かないくらいの高濃度で、摂取が毎日だったことが大きかったようですね。改めて内部被曝の怖さを感じました。
またマクロビによる対処方法ありがとうございました。体内浄化を希望もって取り組んでみます。
ありがとうございました;

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wak********さん

2011/4/2708:33:03

チェルノブイリの事実

チェルノブイリ事故後、国際諮問委員会のもとでWHO、CEC(欧州共同体委員会)、FAO(国際連合食料農業機関)、ILO(国際労働機関)、UNSCEAR(原子放射線による影響の国連科学委員会)、WMO(世界気象機関)などの諸機関による合同調査が行われてきました。途中経過の内容はこちら。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-03-01...

総括の報告は国連からだされました。先日の政府発表もこれを引用。

http://www.unis.unvienna.org/unis/en/pressrels/2011/unisinf398.html

cor********さん

編集あり2011/4/2621:45:10

今、福島近辺で行われている放射能汚染チェックはデタラメです。

原発事故後になって従来の検査手法には無い、”洗浄後検査”という手順を指示していますが、当然、農家から出荷される農作物は洗浄されていませんので、検査されたサンプルが基準値以内だったとしても、店頭に出回る商品は基準値を超える放射能で汚染されている可能性は否定できません。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014tr1-img/2r98520000015...

今までの検査手順にはその様な手順は指示されていませんので、明らかに放射能汚染を過小評価しようとする魂胆がみえみえです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r98520000015...

また、ほんの僅かなサンプリング数でその地区全てを評価するのは、非常に危険です。

全数検査とは云いませんが、せめて各農家の畑一枚ごとに毎日、検査できる態勢が出来るまでは農作物を出荷すべきでは無いでしょう!

当然、出荷停止に伴う補償や放射能汚染検査システム構築や運営に必要な費用は加害者である東京電力に請求すべきだと思います。

生産者&消費者共に安心できる農業はどこへ行ってしまったんでしょうか?

ler********さん

2011/4/2616:59:02

原発の事故を受けて、いま福島県は日本一安全検査に厳しいはずです。
そしてご存知のように福島県は風評被害を訴えてるでしょう。これは安全なのに危険というレッテルを貼られて怒ってるわけですよね。それだけ福島の食品は安全・安心なんです。

日本の牛乳の基準は300ベクレルです。これは水と同じです。牛乳が飲めなければ水も飲めないことになってしまいます。
これだけしっかりチェックされていますから、風評に惑わされず安心して食べられますよ。

本などは、多くの研究者がてんでにバラバラの事を書いてますから読んでも混乱します。
放射能被害は殆ど解明されていないので、みんな自説を唱えているだけですから、それだけに読者に信じ込ませようという感じの書き方になっています。下手するとそれを刷り込まれてしまう危険の方が大きいです。

r24********さん

編集あり2011/4/2612:53:29

小児甲状腺がんの原因は、短期間に高濃度の放射性ヨウ素を含む食品(主に牛乳)を無制限に摂取し続けたことで、甲状腺に放射性ヨウ素が大量に蓄積してしまったことです。
離れた地域では鉄道沿線に被害が出ており、どうやら、汚染地から農作物が出荷制限されずに貨物として市場に運ばれ、そこで被害が出たようです。
もともとの汚染度が高いので、多少薄めたくらいでは意味がなかったのかもしれませんし、半減期が短いとはいえ、高濃度の放射性ヨウ素を数週間も摂取し続ければ、ダメージは当然大きくなったでしょう。医学的なことは、ここを参照してください。
http://www.u-tokyo-rad.jp/data/toudaivol4.pdf

福島の場合は、規制値を超える食物は出荷制限がかかっており、また、作付け許可が出た地域も、汚染度が規制値以下のため作付け許可が出ました。
したがって、チェルノブイリと違い、規制値を超える食品を口にすることは、やろうとしてもまず不可能です。
地産地消と言っても、出荷されないものを消費することはありません。

チェルノブイリは放射線により被害以上に、ストレスによる被害が甚大なようです。

規制値以下でも汚染は汚染、食べたくない、と思われるのであれば、ストレス軽減のため、移住されることをお勧めします。

yam********さん

2011/4/2612:48:39

要は、放射性ヨウソが体内に取り込まれ、それが甲状腺に蓄積した結果です。
ともかくチェルノブイリの経験を、本などを通じて学習しましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる