ここから本文です

時雨沢恵一さんの『キノの旅』シリーズと『学園キノ』シリーズのちがいはなんなん...

jin********さん

2011/5/322:07:34

時雨沢恵一さんの『キノの旅』シリーズと『学園キノ』シリーズのちがいはなんなんだ?と友人にきかれました。
彼は時雨沢恵一さんのシリーズを全く読んでいないのですが、一応、両方のシリーズ

を読んだ私にも上手い説明がうかびませんでした。
誰かいい説明を教えて下さい。

閲覧数:
758
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iyo********さん

2011/5/723:02:47

キノの旅は、個人の感情に左右されることなくあくまで一歩引いた
個人個人に何かを語りかけるような話で、

学園キノはパロディ全開・キャラ崩壊ありまくりの
ギャグストーリーです。

質問した人からのコメント

2011/5/10 18:15:33

降参 BAは大まかな違いについてまとめて頂いたこちらの方とさせていただきます。
皆様ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

編集あり2011/5/622:48:32

「キノの旅」は、主人公のキノが喋る二輪車エルメスに乗って、少し変わった国々を旅する話です。(そのほかにもシズや師匠が主役の話もあります) 全体的に暗い雰囲気の話です。また話の舞台は地球ではないです。 「学園キノ」は、作者が「キノの旅」の4巻でふざけて書いたあとがきを原作とした脱力系の話で、内容は、主人公の木乃(きの)が喋るストラップエルメスと共に魔物と戦う、というものです「キノの旅」と違ってとても明るい雰囲気の話です。登場するキャラクターは「キノの旅」のキャラクターがもとでありながら性格がかなり違うため「キノの旅と同じだと考えて読むと危険」と書かれています。また「キノの旅」と違って銃が実名で登場したり、銃器についての説明が多いです。舞台は横浜です。 こんな感じでしょうか

kin********さん

編集あり2011/5/511:40:51

キノの旅は,主人公キノとエルメス(及び,シズ一行・キノの師匠一行)がいろいろな国(都市国家)を巡り旅をする話で,複数の短編で一冊の本になっています。
学園キノと違い(あとがきを除き)全くふざけていません。寓話の要素があり,作者は何を言いたかったのかを考えて読むという読み方もできます。

学園キノはキノの旅と作者が同じであるパロディですが,キノの旅と違い,完全にふざけています。作者曰く「キノの旅といっしょだと考えて読むと危険」です。
作品全体の雰囲気も『キノの旅』と正反対の雰囲気で,パロディネタも豊富です。
ちなみに元ネタはキノの旅Ⅳ「あとがさ」(あとがきのこと)です。ちなみに当初は本文のネタばらしと見せかけて実は全く関係のなかったでたらめな話として描いたようです。
実在する場所を舞台にしています。基本は横浜市(木乃が通う学園があるため)で,北海道や鎌倉,秋葉原に行くこともあります。


…簡単に描くとこんな感じですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる