ここから本文です

建築学科のハードさについて。 大学の建築学科って、けっこうハードと聞くので...

li1********さん

2011/5/712:12:48

建築学科のハードさについて。

大学の建築学科って、けっこうハードと聞くのですが、どれぐらいハードなのですか。建築学科の人から見る文系の人たちは楽に見えるんですかね。

補足
大学の建築学科ではどんな建物(木造の家や鉄筋コンクリートの商店など)を設計するのですか。

※誹謗・中傷にあたるような回答は避けてください

閲覧数:
9,957
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gog********さん

2011/5/714:38:22

最初はケント紙にトレースばかりでしょうか・・・。そのうちCAD製図と模型作成等増えて来ます。
設計といっても学生の書く図面なんて設計事務所で実務を身につけない限りはお絵かき同然なんで、どちらかというとエスキスプランの方が大事なんじゃないでしょうか。

3年生前期まではだいたい朝9時前から夕方6時~7時が5日間で、夏休みとか冬休みとかは付属の高校と同じでしたので文系の子が羨ましかったのを記憶しています。
4年になると当初暇ですが、そのうちゼミ室か実験室等にこもりっきりになりますよ。
一級建築士の試験が5科目ありますが、これを4年かけてやっていく感じなので範囲はとても広いですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

建築学科が理工学部系で特別ハードだとは特に思えない。

それは学習者の態度次第だと思いますよ。

理工学部系は建築学科でなくても、たとえば経営学部や文学部などの文系学科に比べると最低履修単位数がやや多いのと専門履修の必須受講数が多いのが特徴といえるんで、そういう面でやや時間的に詰まるのと、建築学科の場合、避けて通れない製図課題があり、受講時間以外でも課題制作に時間拘束を受ける点がハードと思われる所以でしょう。

でもまあ、文系でも学部により履修単位数が多い学部もあるし芸術系とかでも課題制作はある。課題は無くても大量にレポートがある学科もあるのであくまで一般論。

理工学系は楽な道へ逃げずにまともに学習するなら課題制作が無い様な学部学科でも時間外にでもチェックしないといけないような実験とかあるし、講義が終わったから勉強は教えてもらう講義だけでハイサヨナラでサークル飲み会という事にはならない事は多いです。

2~3年は結構時間割が詰まると思いますが、それでも(あえて任意に大目に取らない限り)最低限の履修数を入れるだけなら高校生のように1週間朝~夕まで全てのマスが詰まる事は無いです。

意匠や構造など何を専門にするかで必須ではない選択は取る講義がかわりますが、実習がある製図や模型制作などの講義はどのコースでも幾つかは必ず共通必須で出てくるので授業のコマ時間内ではまず書き上げたり作り上げる事は(あまり熱心でなくて手を抜いても)普通無理です。
だから、持ち帰りで自宅でやったり、製図室フリーの時に学校で空き時間にやることになります。これがあえて言うならハードといわれる所以でしょうね。

制作活動は向いてる人にはプラモ作ったりと同様で半分趣味の世界で楽しい話だからね。製図室で徹夜して苦ではないよ。夜、女子連とラーメン食いにでてそのまま飲みに行ってしまうとかそういう学生風景も何処でもありますよw。
まあ、それが苦な人は建築学科を出ても製図(今はCADですけど)とかのある分野には大抵就職していないけどね。在学中も構造系や環境(設備)系などへ行く人の多くは、初めから構造エンジニアを目指して入ってきた人より、単にこの制作が嫌だったという人もかなり多い。(まあ、建築学科来る人の全てが建築やりたいわけでもないし)

真面目にやってもバランスよくやればスキーやテニスやバイトぐらいやっている暇は大学生にはあります。その時間で放浪して建築見てくるなり、夜のバイトするなり、サークル活動するなり、設計事務所へただ働きしに行くなりは個人差がありますが。



>大学の建築学科ではどんな建物(木造の家や鉄筋コンクリートの商店など)を設計するのですか。

これは行く大学や講師の先生によって代わりますね。木造住宅をやる場合もあります。ただ、大学の設計製図などはアイデアや表現とかはひとそれぞれありますが、架空の課題なのが普通ですので内容としてはそれほど本格的な詳細までやりませんから、木造でも2級建築士の製図内容ほども表現をするような製図まで求めないところが多いと思います(どちらかというと製図自体もありますが計画内容に重点を置いて問われれるケースが多いです)。鉄筋コンクリートも当然やります。課題は先生次第で大きな計画からアイデアを問うようなものとか多様だと思いまので何をやるとは言いかねます。


何の世界でもそうですが、それなりにやろうと思えば(本人はそれが楽しいからやってるので案外とそうでも無いが)外から見るとハードに見えます。建築学科との質問ですが建築の実際の仕事の世界は客観的に見て物理的にも大学以上にハードでその割りに報酬はさほど高い世界でもありません。
学生でも同様。特に合理性だけで割り切れない意匠系は「何故、寝るの削ってやるの?」そういう感じの世界。

ある程度寝ないと良いアイデアは出ないかも知れませんが、時間や金銭的な合理主義発想だけでは自己の楽しみは見出しにくいもの。貴方は何故山に登るのか?早く行きたいだけの人は車のルートで登ってくださいw。それはドライブにはなっても山登りではないよね。単なる作業は楽しく無いが創作は楽しい事もあるはずです。これを間違うと建築系は現実世界では報われない全く苦痛が多いだけと感じる世界になる事もあるので良く考えて自己実現してください。

漫画家やアニメーターに近いと思ってあまり間違いでは無いです。熱心なら学生時代から机にユンケルも立ってるw

2011/5/716:43:50

PC、CADが存在しない頃は、計算尺やブランデンブルグ対数表、三角関数値表などを頼りに手計算した時代も有りました。
賢い人はラプラス変換の高等数学を採用しました。

大学の建築学科:院の入口。

以上

pour:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=116...

QASIQOTI

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる