ここから本文です

9.11陰謀説について

syu********さん

2011/5/723:32:05

9.11陰謀説について

陰謀説などばかげていると思うのですが、以下の質問にどうしても反論できません。どなたか無知な私にわかりやすく解説して下さい。

1、ペンタゴンの突入で破損した部位と機体の大きさを比較して、ボーイング757-200の翼部分が当たることによって発生するはずのダメージがどこにも見当たらないのはなぜか?

2、衝突場所の前面の芝生部分に残骸がまったく飛び散っていないのはなぜか?また、芝生に飛行機がすった後が全くなかったのはなぜか?

3、いまだかつて激突によって機体が蒸発してしまう事などあの状況でありえるのか?

4、府公式発表によると実際の現場で、77便はペンタゴン突入途中に街灯に接触したとされるが、解析の結果、街灯の上空では海抜480フィート(誤差+/-75フィート)を飛行していたことが明らかになり、街灯を航空機がなぎ倒すことは不可能であると分かったのに外灯がなぎ倒されていたのはなぜか?また、飛行機の羽が外灯に接触してダメージを受けていたのに関わらず、なぜ正確にペンタゴンに衝突させられたもか?

5、ペンタゴンの近くにガソリン・スタンドがあり、そこに設置されていたセキュリティー・カメラの一つが事件現場の方を向いていたが、撮影されたビデオは事件後に米軍兵士により没収されてしまったのはなぜか?これを公開すれば、陰謀説など一瞬で否定されるのになぜアメリカ政府はビデオを公開しないのか?

閲覧数:
808
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ムーミンさん

2011/5/808:19:47

9.11はアメリカを影から支配する闇の一族の自作自演で、イラクの石油支配への第一ステップです。

ご指摘のペンタゴンが、陰謀の最もわかりやすいところです。

これまで明らかとなった米国の陰謀を見ても、9.11も同様と考えるのが自然だと思います。

嘘の大量破壊兵器をでっちあげて戦争をしかけたイラク戦争以外でも、アメリカの自作自演によって戦争をたくさん起こしています。

有名なところではベトナム戦争です。誰もいない闇夜にアメリカ軍が攻撃をしかけて、先に北ベトナム軍が攻撃をしかけてきたと言ってベトナム戦争を始めています。

スペインとの戦争では、自国の軍艦に爆弾をしかけてスペイン軍の攻撃があったからといって戦争を行い、キューバなどを獲得しています。

太平洋戦争のときは、自作自演はしていませんでしたが、ハワイの真珠湾の軍の警戒を無くして被害を大きくして、リメンバー パールハーバーとアメリカ国民の情報操作を行い、日本との戦争に参戦しています。

ブッシュとビンラディン一族は深い関係にあります。元々、パパブッシュが政界に出るために費用を捻出するために、サウジの石油利権を贈ったのをきっかけとしています。有能な政治家だったパパブッシュはそのお金をもらって大統領まで出世しますが、最初に手にした有力なポストはCIA長官でした。そして、CIAはアメリカの石油利権のために、中東や南米の産油国のテロを影で演出して石油価格をコントロールしました。ビンラディン一族は石油施設の建設をきっかけに財を成しましたが、CIAがテロで破壊した石油プラントを再生するのでいくらでも仕事があったわけです。

9.11テロがあったときもビンラディンはテキサスのブッシュの家で親交を深めていたのですが、拘束や殺害の恐れがあるので、全米の航空機が飛行禁止の中、ビンラディン一家を乗せた飛行機だけは大統領が便宜をはかって、飛行許可を得て、ビンラディンは自国へ安全に戻っていました。

通常なら、潜伏先の国と連携して逮捕し、裁判にかけて罪状を明らかにした上で、有罪ならその罪に応じた処罰をすべきですが、アメリカは最初からそのような気持ちは毛頭無く、形だけ、つかまえて裁判にかけるつもりだという態度をとっています。

ところで、アメリカを支配する闇の一族は、以下の連邦準備銀行設立時の大株主のグループです。

ロスチャイルド銀行(ロンドン)
ロスチャイルド銀行(ベルリン)
ラザール・フレール(パリ)
イスラエル・モーゼス・シフ銀行(イタリア)
ウォーバーク銀行(アムステルダム)
ウォーバーク銀行(ハンブルグ)
リーマンブラザーズ(ニューヨーク)
ターンローブ銀行(ニューヨーク)
ゴールドマン・サックス(ニューヨーク)
チェース・マンハッタン銀行(ニューヨーク)
国際金融資本のロスチャイルド、アメリカノロックフェラーとモルガン一族、イギリス王室と欧州王室である。彼らは、脆弱なアメリカ系銀行の実力と中央銀行を持たないアメリカの弱点を突いて、中央銀行を私物化することに成功しました。

後にブッシュ大統領一族も闇の一族に加わります。

アメリカに連邦準備銀行を作り、アメリカ紙幣の発行権利を得た後、第一次大戦、第二次大戦を起し、世界中の富(金)をアメリカに集めて、ドルを金と交換可能な兌換紙幣として国際通貨にしたて上げます。

一方、闇の一族でも上位にある石油財閥のロックフェラーは、第二次大戦後原油をミネラルウォーターよりも安く売って世界のエ
ネルギーを石炭から石油に転換させます。

闇の一族は、連邦準備銀行のドルを印刷して、世界中の富をかき集めて、ドルを保有している国は、アメリカの保有している金以上にドル紙幣がばらまかれていることを憂慮し、ドルを金にかえようとしたところで、ベトナム戦争の出費を理由に突然ドルと金の取引停止を行います。

一方、ドルは石油取引の国際通貨でもあり、アメリカが金を取引停止後数ヵ月後に中東戦争を起して、石油を暴騰させたので、金とのとりひき停止があっても、ドルが暴落することはありませんでした。

その後も、南米や東南アジアに、闇の一族が反政府組織を指導して、石油施設を攻撃させたりして、石油価格と、ドルのレートをコントロールします。

そのようにして、日本や東南アジア、ロシアなどに、人工的にバブルを発生させては、闇の一族の金融機関がハゲタカとして各国の金融資産を食い荒らします。

9.11もそのようなアメリカを支配する闇の一族のシナリオの一つで、ビンラディンはひとつの駒でしかありません。


http://moomin815.blog40.fc2.com/blog-entry-124.html

http://moomin815.blog40.fc2.com/blog-entry-57.html

http://moomin815.blog40.fc2.com/blog-entry-23.html

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sur********さん

2011/5/1020:21:53

まず質問の最初の二行はタダの左翼系工作員の決まり文句ですので要らないんではないですか?貴方が左翼工作員で無ければですが。

fuy********さん

2011/5/809:54:13

航空機なんてぶつかってないからですよ。

まだまだ不可解な点はありますよね。

例えば、WTC7ビルの倒壊。


あなたはどう考察しますか?


私も【陰謀論】など更々信じるつもりはないので

どうか この私を納得させるだけの【検証】をお願いします。

↓ WTC7の崩落についての動画です。
(5:47辺りからどうぞ)

http://youtu.be/KEc5t-m-8_c

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる