ここから本文です

若者の離職率が高いことが問題になっています。確かにフリーターやニートが増える...

nob********さん

2011/5/820:28:24

若者の離職率が高いことが問題になっています。確かにフリーターやニートが増えることは社会に悪影響を及ぼしますが、転職はどうなのでしょうか。
転職率の増加は日本経済にどのような影響を及ぼすのか、詳しい方よろ

しくお願いいたします。

閲覧数:
1,049
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tyu********さん

2011/5/821:03:54

フリーターやニートの増加は、主として優良な雇用先の急減によるものです。高卒求人はピークの160万人から急減して現在15万人を切る水準まで急低下しています。アンケート調査でも彼らの正社員願望は非常に強いものがあります。ニートやフリーターが不安定雇用を増やしているのではなく、社会の側が新規正採用を絞り不安定雇用を増大したため、ニートやフリーターが増えているのです。もちろん、その結果として、所得税収減、消費の伸び悩み等多くの問題が引き起こされているのも事実です。

一方、少し以前まで転職率は上昇していましたが、景気後退に伴って、転職先が見つけられず、転職率は現在低下を続けています。劣悪な職場環境でも今より良い転職先がないのでそこにしがみつかなければならない現状があります。
今後、もしも景気が改善に転じることとなり、優良な企業による求人が増加すれば、転職率は増え、それは極めて望ましいと言えるでしょう。劣悪な労働環境しか提供できない収益率の低い劣った企業が淘汰され、良好な労働環境を提供できる優れた企業が優秀な人材を確保できるからです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

das********さん

2011/5/1214:05:12

海外では転職は当たり前です
自分に合った職業を探していたり、将来の開業に向けての
修行だったり、給料の高い方へ移るなど

yus********さん

編集あり2011/5/1014:22:26

これがデフレの恐ろしさです。
よくデフレが恐ろしいのか?インフレが恐ろしいのかをよく論議されたりしますが
長期的観点を見ればデフレのほうが大変なのです。
すでに20年以上も失われた日本として、いまもスパイラルで縮小方向です。
一言で日本の経済は、衰退です。
若者は、本当に苦しい状態でしかありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる