ここから本文です

夫の両親の土地に無償貸与の形で土地をかり、敷地内に家を建てさせてもらいました...

kuk********さん

2011/5/1011:08:05

夫の両親の土地に無償貸与の形で土地をかり、敷地内に家を建てさせてもらいましたが・
夫の両親と折り合いが悪く、引っ越したいです。

当初、家を建てる際、土地を分筆し生前贈与して建てることになっていました。
(夫は兄との二人兄弟ですので、夫の両親、義兄、夫で三つに分筆する計画でした)

しかし、家の契約がすみ、いざ、分筆という段になり、隣の地主と境界の事でもめる事なり
舅の土地であるし、私からは何も言えず、舅が決着をつけるということで、そのまま分筆せず
貸与の形で家を建ててしまいました。
そして、15年、舅は口ばかりで解決には至りませんでした。

そうこうしている内に、いろいろあり、舅とやっていけなくなり
(見るだけで、足音を聞くだけで動機がしめまいがして、気分が悪くなります)
引越しを考えるようになりました。

しかし、もう一軒家を借りるような経済力はありません。
今の家を誰かに借りてもらい、自分たちは他のところを借りて住みたいのです。

ここで質問です。

このような場合でも、他人に貸せますか?
また、人に貸せたとしたら、相続の場合、どのような問題が発生する可能性がありますか?

よろしく、お願いいたします。

補足土地の所有者が死亡していても名義は元のままで2分の1を相続できるのですか?

家の名義が夫であってもその権利はなく、土地が他の人のものである限り、この家は自由にならないということなのですか?
それは、そもそも息子だから貸した土地だから・・・・そういうことなんですね?

閲覧数:
565
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a00********さん

編集あり2011/5/1101:32:06

いきさつから考えて貸すことが出来ても土地の賃貸料を払うことに
なりましょうね。勿論家の賃貸料に含めてということが考えられます。
円満に出て行かれて何事も舅さんとの仲がない場合は土地の賃貸
料なんて話は出ないと思われますが・・・
相続の場合は2分の1の法定相続分があるので土地は自然に相続
することになりましょう。心配いらないと思います。
勿論父親名義のままでということであればです。
補足
相続ということは名義が変わるということでもあります。父親名義の土地を
子どもが相続するということは、子ども名義に変わることです。
土地の所有者が死亡しなければ相続問題は起こりません。
あなたが土地を持っていてそこに他人が家を建てていた場合に、その家の持ち
主が勝手に他人に貸して家賃を取っていた場合あなたはどうされますか。
その土地を売ることも出来ず、貸すことも出来ず、価値のない土地になって
しまいます。親子関係だから壊してしまえ!とはいわないで、土地の借地
代の請求ぐらいは考えられますよと答えたのです。

質問した人からのコメント

2011/5/11 08:10:26

降参 何度も質問に答えていただき、ありがとうございました。
人間関係がこじれて良い事はひとつもないですね。
住宅ローンもあと15年あるので慎重に対処したいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tri********さん

2011/5/1015:08:05

事実上、今回のケースでは
引越をするという事は土地を返す事と同じで
借主は家を取り壊して
土地を更地にして返還しなければなりません。
(民法599条 参照)

わずかに土地の貸主が
家に係るを他人に貸す事(又貸し)を承諾した場合に限り
家を貸す事が出来るに止まります。
(民法594条1・2項 参照)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる